建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
このたび早稲田大学文学部演劇映像コースでは7月27日(月)18時30分より、アンジェリカ・リデルを講師に迎えて、ヴィデオ・レクチャー「アンジェリカ・リデル 作品と創造のプロセス」を開催いたします。

スペインの女性演出家アンジェリカ・リデルは、芸術、文学、人間、社会をラディカルなかたちで問い直す作品を次々に発表し、今日、母国スペインだけでなく、ヨーロッパ全体の劇場・フェスティバルで活躍を見せているアーティストです。今秋のフェスティバル/トーキョー15に作品が招聘されるのに先駆けて、同フェスティバル主催のワークショップのために来日するアンジェリカ・リデルを大学に招いて、過去の代表作品を映像で紹介するとともに、自らの作品創造の方法論について話を伺います。

いつものことながら参加費は無料、日本語通訳つきですので、ぜひみなさまお誘い合わせの上、ご参加ください。当日の会場準備のため、メールによる予約のみお願いしております。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

「アンジェリカ・リデル 作品と創造のプロセス」
日時:2015年7月27日(月)18:30-20:30
会場:早稲田大学文学部33号館(低層棟)3階333教室
講師:アンジェリカ・リデル
参加無料・要予約
使用言語:スペイン語 日本語通訳つき
予約方法:theatre.wasedaあっとま〜くgmail.comまで、お名前・ご所属・人数・当日連絡先をお知らせください。

主催:早稲田大学文学部演劇映像コース
協力:フェスティバル/トーキョー

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ