建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

文化経済学会〈日本〉では、この度、、アーツカウンシル東京、ブリティッシュ・カウンシルとの共催で、2015年度研究大会シンポジウム「五輪文化プログラムの社会的な意義と役割――ロンドン2012の実績と東京2020への展望」を開催いたします。皆様の

ご参加をお待ちしています。

 

シンポジウム:五輪文化プログラムの社会的な意義と役割――ロンドン2012の実績と東京2020への展望
 

日時:201574日(土) 15:1517:30

会場:駒澤大学 駒沢キャンパス 1号館 1301教室(受付は1号館2階)

 

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を5年後に控え、文化プログラムへの期待が高まっています。
 

しかし、一過性の文化イベントを開催するだけでは意味がありません。文化プログラムを通じて何を達成し、どのような成果を残すのかを明確にすることが求められています。2012 年ロンドン大会の文化プログラムは、かつてないスケールと内容を伴うものでした。それは、英国社会にどのようなインパクトをもたらしたのでしょうか。
 

シンポジウムでは、ロンドン、キングズカレッジの文化部門ディレクター、デボラ・ブル氏をお迎えし、ロンドン大会の文化プログラムの社会的インパクトやレガシーに関する基調講演を頂いた後、五輪文化プログラムの社会的な意義と役割について、文化政策やアーティストの創造活動への影響、地域活性化、社会包摂、教育、観光、産業、経済等への波及効果など、幅広い視点から検証し、2020 年東京大会における文化プログラムの目指すべき方向や課題を展望する予定です。

 

基調講演:2012年ロンドン五輪 文化プログラムの社会的インパクトとレガシー[仮題]

デボラ・ブル ロンドン・キングズカレッジ 文化部門ディレクター

 

パネル・ ディスカッション:2020年東京五輪文化プログラムへの期待と展望
 

パネリスト

真田久 筑波大学体育専門学群学群長/東京のオリパラ教育を考える有識者会議委員長

日比野克彦 アーティスト/東京芸術文化評議会評議員

毛利嘉孝 東京藝術大学准教授

デボラ・ブル
 

モデレーター

吉本光宏 ニッセイ基礎研究所研究理事/東京芸術文化評議会評議員

 

日英同時通訳/参加無料・要申込み/定員400

申込み締切:629日(月)

 

お申し込みは http://www.jace.gr.jp/taikai/2015JACE_sympo_flyer.pdf から「シンポジウム案内・申込用紙」をダウンロードして必要事項を記入の上、ファックスでお送りいただくか、下記アドレスに、件名「シンポジウム参加申込み」と記載いただき、お名前(ふりがな)、ご所属、日中連絡の取れる電話番号、メールアドレスをメール本文でお送りください。

g018jace-mngあっとま〜くml.gakkai.ne.jp

 

*文化経済学会<日本>会員の方は学会HPより大会参加登録を行ってください。

*シンポジウムとは別に研究大会では特別セッション、分科会、エクスカーションも開催されます。そちらも申し込まれる方は学会HPでご確認の上、申込みをお願いします。分科会、エクスカーションへの参加は有料となっています。
 

*参加確認のご連絡・登録証の発送等はしておりません。ご了承ください。

*頂いたお名前、ご連絡先等個人情報は、本大会の申込に係る連絡以外の目的には使用せず、大会終了後、当学会事務局の責任において直ちに抹消させていただきます。

 

お問い合わせ先:

文化経済学会〈日本〉事務局

(株)ガリレオ学会業務情報化センター内

TEL03-5981-9824

E-mail:g018jace-mngあっとま〜くml.gakkai.ne.jp

学会HPhttp://www.jace.gr.jp/index.html

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
  • 2020年7月31日(火)16:30〜20:10ふ印ラボ定例ゼミ第30回(遠隔)を開催しました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ