建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
P5171486
  (恩納村文化情報センターに到着したツアー参加者)
 図書館フォーラムin恩納村が行われた次の日の5月17日は、沖縄の図書館施設を見学するバスツアーが行われました。
 コースは恩納村文化情報センター・恩納村博物館→嘉手納ベース内図書館→北谷町立図書館→あやかりの森・北中城村立図書館→沖縄国際大学図書館→解散というルートです。
P5171475
 ↓図書館総合展 国際担当:増井エドワード尊久氏。エドさん。
P5171477
 最初は恩納村文化情報センター・恩納村博物館です。
P5171487
  鉄筋コンクリート造 3階建 延べ面積1689.25㎡。設計管理 有限会社名工企画設計。
工事費計¥647,055,480 委託費計¥65,121,000。 平成27年4月23日開館。
 火曜日から金曜日10:00-19:00 土日10:00-17:00
P5171488
  1Fは観光情報フロアで当地の情報を得ることができるのですが、リゾートやそのアクティビティ情報ではなく、文化資源情報を見ることができます。恩納村は外の人間からみるとリゾート地ですが、住民にとっては大切なふるさと。文化資源がどこにあるかとその簡単な説明をタッチパネルでみることができるのは、画期的だと思うのです。
P5171490
P5171491

P5171492
P5171494
 多目的ルーム。
P5171498
 踊り場も本。
P5171502
P5171503
 トイレのマークも本。
P5171505
 読み聞かせをする部屋は完全に戸がしまります。ここは海の中のイメージです。
P5171506
P5171514

 大型絵本も多くあります。
P5171507
P5171508
P5171513
P5171515
P5171516
P5171517
P5171519
P5171524
 博物館との連絡通路。
P5171528
P5171529
P5171530
P5171534
P5171535
P5171538
P5171539
P5171540
P5171541

P5171543
P5171544
 工事中の囲いにペインティングした。その後ブックワゴンになりました。世界で唯一のものです。
P5171545

 博物館。
P5171555
P5171559
 図書館3階。
P5171575
 この日は屋上に出ることができました。
P5171576
P5171578
P5171579
 

 恩納村文化情報センターは私には画期的な図書館に思えました。
なぜなら、図書の館ではなく、ヨソモノが来てその地域を知ったり、地元の人々が地元を発信したりするために必要な資料・情報が、わかりやすく提示されていたからです。情報化されてタッチパネルで誰でも扱いやすい状態になっていたり、博物館が隣にあるということです。現在、日本では公共施設の複合化が進んでいますが、公共図書館と博物館が直結しているのは珍しいのではないかと思われます。私は複合施設といえば、図書館と公民館、小ホール、子育て支援センター、会議室、食堂などが想起されます。恩納村では図書館と博物館という社会教育施設が2つくっつき、地元の方の楽しい居場所、村外の人にとっては地元のことを知る場所になるのではないかと思いました。

 次は嘉手納基地内の図書館に向かいます。
P5171593
 嘉手納基地に入る為、事前に写真付き証明書を提出してあります。
P5171594
P5171600
P5171605
 一つのまちのようでした。
P5171606
P5171608
P5171609
P5171616
  図書館に到着したツアー一行。中は撮影禁止ということでしたが、図書の館というより、気軽に立ち寄れる情報収集の場という雰囲気でした。図書は4000冊ほどということでした。ここは空軍の図書館という位置づけです。
 嘉手納基地の概要:約18000人の現役軍人、契約従業員、軍属従業員、軍人の家族。日本人従業員4000人。沖縄勤務の任期は家族連れで3-4年。単身者は2年で、入れ替わりの激しい住民に対してサービスを提供しているとのことです。蔵書構成として日本の公共図書館と違うものは、高度教育をサポートする履修課程教材。
  図書館の職員構成:図書館学の修士号をもつ米国防省所属の図書館長、同じく図書館司書。日本人事務管理専門職員1名。専門図書館職員5名。図書館事務3名。空軍図書館司令部から直接形状される予算があり、コンピューターデータ、本、定期刊行物の購入費になる。また、「サマーリーディングプログラム」という児童青少年の読書推進目的の企画に必要な経費は国防省と環太平洋空軍の予算を使います。
P5171624
 副館長はじめ職員のみなさん。↓
P5171625
 昼食後は、北谷町立図書館→あやかりの森・北中城村立図書館→沖縄国際大学図書館
P5171632
 北谷町立図書館
P5171639
P5171640
P5171641
P5171642

P5171648
P5171650
P5171657
P5171658
P5171660
P5171661
P5171663
P5171664
 
  次は 北中城村 あやかりの杜図書館です。
 ここは複合施設で図書館と、スコーレと呼ばれる会議・研修・多目的ホール・和室・マルチメディア工房・ボランティア室、ドミトリー、野外施設キャンプ場の集合です。
P5171682
P5171686
 強い日差しを緩和する庇が特徴的です。
P5171687
P5171694
P5171696
P5171699
P5171710
P5171716

P5171725
 ここは夜の図書館という試みをしました。夜10時まで開館しますが、照明はダウンライトのみにして開放したそうです。
P5171726
P5171733
P5171734

P5171745
P5171746
 最後に沖縄国際大学図書館です。ここは以前に米軍のヘリが事務棟に墜落しました。
P5171761
P5171765
 この建物も強い日差しを避ける工夫が見られます。
P5171767
P5171770
P5171776
P5171777
P5171782
P5171784
P5171786
P5171788
P5171789
P5171790
 米軍ヘリ墜落時の新聞記事や模型を集めた小さな部屋がありました。
P5171801
P5171802
P5171804
 
  今回の沖縄初訪問を通じて沖縄のことがほんの少しわかりました。世界遺産があると同時に、東アジアからの観光客が非常に多く、リゾートを中心に地域振興をしているところがあり、同時に米軍が広い地域で土地を有するところでありました。
 フォーラムの帰りに出会った女性2人は、沖縄の公共図書館の発展が遅れたと話してくれましたが、より良い図書館をつくっていきたいと言ってくれました。
 はじめに訪れた沖縄県立図書館では、図書館の無い地域に団体貸出をしているとのことでした。この図書館ツアーで訪れた図書館はきれいで恵まれた図書館ではないかと思います。団体貸出になっているところに行って実態を調査をしてみたいと思います。 
 
                                             岩  井
 


 


 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ