建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
皆さま

いつもお世話になっております。
京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター人材育成事業担当の清水幸代と申します。
6月に入り、梅雨入り間近ですが、さわやかな風を感じる季節となりました。

京都造形芸術大学 舞台芸術研究センターでは、舞台芸術の未来を切り開く「真に創造的なアートマネジメント人材」の発掘、育成、およびリカレント教育を目的とし
て、「大学の劇場」としての京都芸術劇場の諸機能を活用しながら、<伝統>から<コンテンポラリー>まで、複数のジャンルに関わるアートマネジメント人材育成プロ
グラムを開催しております。

今回は、舞台制作者のための「現場学」II「オムニバスによる多角的<現場学>」と題した公開講座のお知らせです。
関西圏ではなかなか出会いお話を伺う事ができない、講師陣がずらりと並んでいます。
知識や経験を享受するだけでなく、今後のネットワークづくりなどにもお役立て頂ける講座となります。

是非、この機会に受講頂きたいと思いご案内を差し上げます。

プログラムB舞台制作者のための「現場学」II「オムニバスによる多角的<現場学>」舞台制作者のための「現場学」II
オムニバスによる多角的<現場学>

「舞台芸術」と一言で言っても、そのクリエーションには、実にさまざまな立場のエキスパートが関与しており、数多くの専門的なスキルや知見が「創造」を支えていま
す。本講座では、現在日本の第一線で活躍中の「プロフェッショナル」のなかから5人の講師をお招きし、それぞれの眼をとおして見えてくる<現場>のあり方を、自
由に語っていただきます。

すでに劇場やカンパニーで制作に関わっている方だけでなく、少しでもパフォーミングアートの<現場>に関心を持っている人たちに、是非とも聞いていただきたい講
座です。

日程:2015年6月~9月
会場:京都造形芸術大学

プログラム
第1回 6月18日(木)18:30~21:00
舞台関係者のための著作権入門
福井健策(弁護士・ニューヨーク州弁護士/日本大学藝術学部 客員教授)
会場:京都造形芸術大学 人間館NA404教室

第2回 7月11日(土)14:00~16:30
「芸術監督」の仕事――〈Noism〉の10年、そして未来
金森 穣(演出振付家、舞踊家/りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督、Noism 芸術監督)
会場:京都造形芸術大学 映像ホール(人間館地下1階)

第3回 8月20日(木)18:30~21:00
表現を実現する力/創作現場のマネジメント
堀内真人(KAAT神奈川芸術劇場 技術監督、プロダクションマネージャー)

第4回 9月10日(木)18:30~21:00
舞台芸術の「現在」―民間助成財団の視点から
久野敦子(公益財団法人セゾン文化財団 プログラム・ディレクター)

第5回 9月17日(木)18:30~21:00
プロデューサーの現場――「日本」と「世界」をつなぐ
相馬千秋(アートプロデューサー/特定非営利活動法人 芸術公社 代表理事)

参加料:無料
募集人数:各回 30名程度 ※先着順
お申込み締切日:各講座の3日前まで

※内容は変更になる場合がございます。
※第3回以降の会場は申し込み後にお伝えします。

お申込方法
下記URLの申込みフォーム、または京都芸術劇場チケットセンター電話・窓口にてお申込みください。
京都芸術劇場チケットセンター(窓口・電話)
電話:075-791-8240(窓口・電話受付時間:平日10:00~17:00)

プログラムの詳細は、下記、ホームページでご確認ください。
http://www.k-pac.org/performance/artmanagement2015b.html

ご興味のある方がいらしたら是非ご紹介ください。
皆さんのご参加、心よりお待ち申し上げております。

お問合せ:
京都造形芸術大学舞台芸術研究センター 
606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116
http://www.k-pac.org/
TEL. 075-791-9437(担当:川原・清水)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
  • 2017年度九州大学芸術工学部芸術情報設計学科3年生演習『フィールドワーク演習』の演習風景その5 11月10日!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ