建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

ソウルとプサンのセーフコミュニティ&

アート×社会的企業×都市再生調査報告会

 

韓国ポスター

 

若いアーティストらの社会的企業のスタートアップ事業支援や家賃補助。

協同組合方式の住宅・学校・託児所・コミュニティカフェ・アトリエ。

まちのガイドマップ売り上げやゲストハウス等の社会的企業が住宅を改修。

ソウルとプサンのアート&リノベーションの動きに目が離せない。

 

調査対象

ソウル:ソンミサンマウル(麻浦区)、ヘソン地域児童センター・チャンシンドン社会的企業000間・東大門青年DRP(以上、子ども安全教育センター(松坡区)、清渓小学校(果川市)、

プサン:メクチュマウル(東区)、甘川文化村(沙下区)、トタトガ(旧都心創作空間)センター(中区)

報告者:山本俊哉(明治大学教授)・介川亜紀・三木聖那・山中盛(以上、明治大学大学院)、大平悠貴・茂野夏実・原田将吾(以上、明治大学建築学科)

コメンター:藤原惠洋(九州大学教授)・桔川純子(明治大学講師)・原拓也(シグマ都市開発研究所)

 

日時:2015年6月6日(土)午後3時〜5時

会場:明治大学中野キャンパス308教室

主催:明治大学理工学部都市計画研究室

協力:一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ

参加費:無料(誰でも参加できます)

問い合せ先:明治大学理工学部建築学科都市計画研究室 担当:大平悠貴

    044-934-7390(tel&fax)  http://www.isc.meiji.ac.jp/~onepiece/

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 西日本新聞WEB記事が伝える人吉市・球磨村等の被災後現況!!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ