建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
こんにちわ。BankART1929の細淵です。
4月から始まる BankARTスクール の講座のご案内です。
みなさまのご参加をお待ちしております!

ーーーー
■ BankARTスクール 2015年4月-8月 募集開始 のお知らせ

4月-8月バンカートスクールの募集を開始しました。
4月に開講する5講座とそれに続く講座を以下にご案内します。
各講座の詳細は下記PDFをご覧ください。
http://bankart1929.com/cms/wp-content/uploads/2015/04/school201504-08.pdf

【月】中村恩恵  「クリエーションクラス」  
舞踊の創作を実践しつつ表現について学ぶ講座です。ドラマツルギーに廣田あつ子さんを迎えて、中村恩恵作品”Waltz”(Noism委嘱作品/舞踊批評家協会新人賞受賞作品)の振付手法に基づいたエチュードの創作を行います。受講者が独自の表現手法を見いだすきっかけとなることを目指します。創作活動に興味のある方や、身体表現の枠を広げたい方の為の講座です。

【月】仲尾宏「朝鮮通信使 part2」
2010年に開催したゼミのpart2。前回と同様、朝鮮通信使研究の第一人者である仲尾宏を迎え、通信使の真意に迫る。ゲスト講師として三宅理一(藤女子大学副学長)、上田雄三(ギャラリーQ)をお招きする。主なテーマは、日朝・日韓交流のあしあと、秀吉の壬辰倭乱(文禄・慶長の役)と国交回復、朝鮮通信使の文化遺産、雨森芳州の多文化共生論—未来への指標、通信使外交はなぜ途絶したのか等。

【火】6月からの開講になります。

【水】加藤種男 「創造列島 Creative Archipelago」
近代から現代にかけて、日本の文化を形成した主体は、いうまでもなく多彩なアーティストやクリエイターであった。もちろん彼らだけで文化が形成されたわけではなく、市民を中として、国や地方自治体もこれを支援した。けれども、こうした動きの中で見過ごされがちなのは、企業の果たした役割である。本講座では、日本文化の振興に果たした企業およびその関係者の役割とその変遷を、講莚が横浜であることにちなみ、三渓園における原富太郎の夢を皮切りに確認していきたい。併せて、東日本大震災と東京オリンピックという二つの背景のもとに、文化振興の手法を大きく転換する必要に迫られている今日と未来に向けて、企業はいかなる文化ビジョンと戦略を持っているのかを示したい。

【木】木幡和枝「現代芸術のパラダイム変換」
美術、造形、写真、映像、建築、空間、都市、文学、革命、宗教、、、、、自覚的に、また無意識に、近代を土台にして継続されている現代芸術。アーティストの態度と創造物とを批判的かつ創造的に検証する。美が芸術の観念から切り離されたその日に近代芸術は生まれた、とA・マルローは言った。出発点はゴヤだと示唆する。科学、技術、暴力、機械、身体性とからみあいながら、現代芸術は目まぐるしくパラダイム変換を経てきた。概念と表現の両方からこの関係性をひもといていきたい。芸術は単なる鏡像なのか、創造性/想像力という溌剌としたイノチを育むことができるのか?

【金】五十嵐太郎+磯達雄「横浜建築家列伝 vol.1」  ゲスト:山本理顕 飯田善彦 曽我部昌史 西田司 室伏次郎 高橋晶子他
西洋の入口として誕生した横浜は、明治、大正、昭和(戦前)にかけて、海外や国を代表する建築家により、街の景観が形成されてきました。また戦後も、「アーバンデザイン」という言葉が、横浜にはかかせないキーワードとして、街づくりを牽引してきました。そして現在は、新しい世代の建築家がここ横浜に居を構え、活発な活動を行っています。この講座は、こうした先進的な都市空間であり続ける横浜が、どんな建築家によって築かれてきたのか、その歴史と将来を考えるインタビュー・シリーズです。近現代の横浜のすぐれた建築資産を挙げながら、活躍中の建築家をお招きし、お話を伺います。

また、次期開講講座も募集開始しています。
【月】村田 真「展覧会のみかた」
【火】佐藤澄子「横浜を友だちにすすめよう」
【水】四方田犬彦 「最終映画美学講義」(5月開講)
【木】楢橋朝子「写真ワークショップ」
【金】「都市とアートの水先案内人」北川フラム、森 司他ゲスト講師多数

【追加情報】
夏の合宿講座として、越後妻有の大地の芸術祭に参加するBankART妻有で、ふたつのゼミを開催します。
こちらも奮ってご参加ください。
詳しくは下記 ↓
http://bankart1929.com/cms/wp-content/uploads/2015/04/school201504-08.pdf

■ お申し込み・お問い合わせ:BankARTスクール事務局
schoolあっとま〜くbankart1929.com



BankART1929
〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9
TEL 045-663-2812  FAX 045-663-2813
infoあっとま〜くbankart1929.com
http://www.bankart1929.com


Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ