建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

ふ印ラボのみなさま


阿蘇地域振興デザインセンター瀬津田さんより、滞在型草原維持学習プログラムのお誘いを受けましたのでお知らせいたします。

参加希望の方がいらっしゃいましたら、お早めに私、吉峰(yoshiminech@gmail.com)へお知らせくださいませ。

どうぞよろしくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御無沙汰しております。

 阿蘇地域振興デザインセンター瀬津田です。

 お元気ですか?

 

 阿蘇スタディツアーに始まり、野焼きボランティア初心者研修会、くまモンファン感謝祭in Fukuokaでの草原PRとありがとうございました。

 

 さて毎年、(社)国土緑化推進機構の助成を受けて実施している日豪環境ボランティアプログラムという取り組みがありまして、8回目となる今年は阿蘇で開催することとなりました。

 阿蘇の地域の方々と一緒に汗を流して森林や牧地の保全活動を行い、交流し、そこから地域の課題とその解決策を一緒に考えるプログラムを実施します。

 

 このプログラム内では阿蘇スタディツアーでは時間が足りず満足に地域の方々とお話しする機会が提供できませんでしたが、地元の方々からの歴史や文化についてのお話、阿蘇の自然(草原、森林含む)を直接保全する活動などを予定しています。

 

 費用もかかりますし、1週間という長期のプログラム(相談いただければ単日の参加も可)となりますが、九州大学の皆様に周知いただけましたら幸いです。日豪とタイトルにありますが、日本在住の方ならば外国籍でもOKです。

 

 興味がある方は、

阿蘇地域振興デザインセンター/0967-22-4801

担当:佐藤  e-mail:sato@asodc.or.jp

 

まで、ご連絡いただけましたら幸いです。

 

詳細は添付の募集要項をご覧ください。

 

御手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。



日豪環境ボランティアプログラム2015 in 阿蘇   募 集 要 項

- 阿蘇の森林を磨き、恩恵を味わう -

毎年、(社)国土緑化推進機構の助成を受けて実施している日豪環境ボランティアプログラム。8回目になる今年は、巨大なカルデラに囲まれ特徴的な自然景観を誇る熊本県阿蘇エリアで行います。

森林・草原や水田・耕作地が広がり阿蘇の豊かな伏流水があちこちに湧き出るこのエリアでは、自然とその自然を生かした農林業と観光が営まれています。またその特異性は世界農業遺産ならびに世界ジオパークに認定され、世界から注目されています。

今回は、阿蘇の地域の方々と一緒に汗を流して森林や牧地の保全活動を行い、交流し、そこから地域の課題とその解決策を一緒に考えるプログラムを実施します。地元の方々から直接聞く阿蘇の歴史や文化、暮らし、森や草地と農畜産物とのつながりなど、普通の観光旅行では決して知ることのできない貴重なお話と雄大な阿蘇での環境保全活動に、きっと皆さんも阿蘇の大ファンとなることでしょう。

■開催期間   56日~13

56日(水)1200 JR肥後大津駅にて集合 ここからバスにて移動します。

57日(木)~12日(火)阿蘇エリアで環境ボランティア活動

513日(水)1200 プログラム終了後バスにて移動しJR肥後大津駅にて解散

※ 全行程通しての参加が難しい方は別途ご連絡ください。単日での参加も受け付けます。

■活動内容   活動内容は天候などにより変更になる場合もありますので予めご了承ください。

1.ボランティアプログラム:

森林の作業道、遊歩道、水源などの整備および維持管理活動、未利用材の運びだし、牧地の柵の補修作業、

2.交流プログラム:

地元食材を使った料理の夕食、森林維持活動で得た地域通貨で地区内の商店での飲食や購買し還元、高森町地区の方々から学ぶ伝統的な暮らしや文化の体験

■宿泊先   宿泊は男女別の相部屋となります。(ご夫婦やカップルでご参加の方はご連絡ください。)

やすらぎ交流館(阿蘇市)・学びやの里「木魂館」(小国町)・四季の森温泉(南阿蘇村)休暇村南阿蘇(高森町)

■参加費   78日 10,000

※ 現地集合となりますので、集合場所までの往復旅費は含みません。

■定員 日本人ボランティア10名(先着)

※植林作業なども行程に含まれますので、健康状態に問題のない方を条件とさせていただきます。

※食事制限やアレルギーがある方は申し込み時に明記してお申し込みください。

■お問い合わせ・申込先

日豪環境ボランティア2015実行委員会

担当:(公財)阿蘇地域振興デザインセンター/阿蘇エコツーリズム協会 事務局員 佐藤謙太朗

電話:0967224801  FAX0967224802

e-mailsato@asodc.or.jp

※ 申し込みは、申込書に必要事項を記入して担当宛にFAXまたはメールでお送りください。受付完了のお返事を差し上げますので、返信がない場合は電話などでご連絡ください。

 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ