建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
高校生、大学生、大学院生、大学の先生、高校の先生、まちづくり達人、まちづくりビギナー、などなど。

世代を超え、立場を超え、菊池活楽連携はつどう、つながる、つづける、覚悟で!

DSC_0089
 

熊本大学政策創造研究教育センター
田中尚人です.

昨日は,たいへんお世話になりました.
佐藤さん,写真を含め,シンポジウムの司会など,
ありがとうございました.
平成26年度を通じて,会をリードして頂き,
重ねて御礼申し上げます.

檀上ではありましたが,最後の惠洋先生の
「私はまだ会いたい人に会えていない気がする」という
言葉に,僕は本当に感動しました.恵洋先生の菊地愛が
詰まったお言葉だと思います.

あの場所で,どんなに素晴らしいことが行われていても,
あの場にいない人には伝わりません.
でも,あの場にいなかった人々に,私たちが域学連携の
素晴らしさを伝える原動力にはなると思います.

無我夢中で頑張ってきた域学連携二年目でしたが,
来年度はいよいよ三年目.もっともっと,みなさんが
笑顔になり,「つどい,つながり,つづいていく」域学連携に
なるように,日々笑顔で精進します.

みなさん,また菊池で会いましょう!

田中尚人拝
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 第8回九州大学図書館創造研究会を開催します!2018年1月19日(金)
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ