建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!


2014年秋から田川市石炭・歴史博物館と連携して行ってきた「まちあるきガイド
養成講座」は、全8回に渡るまちあるきを終えました。毎回地域の方々を含め
20人〜30人の方々が参加し、田川市周辺のみならず、大牟田市、中間市など
まちあるきやガイド養成の事例を学ぶフィールドワークも開催されました。
2月14日、15日はこれまでの成果を集約させたルートマップづくりのまとめ
ワークショップが開催されました。

また、15日には谷口先生によるファシリテーションのもと、香春岳ワークショップ
を地域の方々にも体験していただきました。改めて地域の方々と、炭鉱や
石灰産業によって形成された田川市の特徴、魅力を発見する2日間になりました。

 

 

藤原研究室では、これまで藤原惠洋先生が教鞭を取られる学部生授業
「芸術文化企画演習」のなかで、田川をフィールドのひとつとして文化芸術の
力による地域再生をテーマとした授業を行ってきました。また1213日〜14日を
中心に田川フィールドワークを実施。神戸芸術工科大学の谷口文保先生と
共に、石灰石採掘で上部分が失われてしまった香春岳が田川の人々のシンボル
として愛されている様子をフィールドワークから学び、アートワークショップ
では失われた上半分を想像し様々な物語を作り共有しました。

また、1221日には、大学院授業「国際文化遺産保護法」の学外演習として
炭坑画家山本作兵衛をオマージュした田川市民ミュージカル「炭坑よ、永久に!」
も鑑賞しています。このような経験をもとに、田川の魅力をさらに掘り起こし、
共有していくことでまちを元気づけることを目標としています。
 



 

14日日はまちあるきルートマップ作成WSのまとめです。6コースの班に分かれ、
それぞれのメンバーがテーマの歴史に沿ったお薦めの見所やルートを地図に
落とし込んでいきます。学生は観光に訪れる外部者の目線として率直な意見を
述べたり、地図を作成する中でたくさんの地元に残る歴史や物語を聴かせて
いただきました。

宿泊先は田川市議会議員の植木康太さんの事務所に泊めていただきました。
夕食は福岡県立大学の森山沾一先生おすすめの「がぜん」。交流会には植木さん、
福岡県立大学の上江洲さん、松永さん、南京師範大学から留学された鄭さん、
路さんにも来ていただきました。先生方と学生はしばしお別れ、二次会は
植木事務所で行われました。さらに植木さん、先生方も再び交えて語る、語る!
 植木さんが20年以上に渡って活動されてきた、福岡県立大学と共に歩む会が
作成した田川のマップ「YOU・遊・マップ」もいただき、まちあるきルート
マップ作成の参考になりました。


IMG_4539



IMG_1402
 
IMG_1409
 

翌朝は朝食を取り、いざ博物館へ!まちあるきルートマップ作成WSの総括を
行いました。参加者の中には、昨日ワークショップを終えた後、早速不足した
資料やお薦めビューポイントの写真を撮って回ってきてくださった方もおり
マップ作成は一気に進みました。みなさんの溢れる熱気によって集まった情報は
田川の見所が凝縮されており、マップになるのがとても楽しみになりました。

午後は神戸芸術工科大学の谷口文保先生のファシリテーションのもと
「アートスコープ田川 香春岳を想像し創造する」のアートワークショップが
開催されました。まずはギャラリートークによってプロジェクトのふりかえりが
行われ、作品制作者によって個々の作品への解説等も行われました。
その後は早速、参加型ワークショップの開催です!参加者には、まちあるき
ワークショップ参加者の正生さん、佐藤さん、伊田商店街にある久次商店の
久次ヒロ子さん、お母様が田川高校出身の里來くん、東京大学の川松あかりさん、
久留米大学の中村圭一くんらが参加してくださいました。
本当にどうもありがとうございました。

 IMG_1424 
IMG_1420 




DSC_0652
 
  

 IMG_4649 

DSC_0579

IMG_1431
 
IMG_1435

 
IMG_4657
 

二日間という短い時間の中でも、田川のまちを人との出会いを通してもっと知り、

もっと考えていくという経験は大切なことだと改めて感じる事ができました。
マップやアート作品という形に起こしていく中では、沢山の人々の記憶、思い
創造性が加わる瞬間を横で見る事ができ、プロセスの大切さと重要さを実感
しました。228日(土)のまちづくりシンポジウムでは、まちあるきルート
マップの経過報告と、香春岳ワークショップの作品展も同時に開催されます!


D3 國盛 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ