建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

皆様、こんにちは。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

BCCでお送りします。赤煉瓦ミニレター006をお送りします。

 

2015赤煉瓦ネットワーク富岡大会で基調講演をしていただいた、富岡製糸場総合研究センター所長の今井幹夫さんが「NHK地域放送文化賞」を受賞されました。おめでとうございます。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/1065037551.html?t=1422612255844

 では、皆様お元気でお過ごしください。

 

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

ま ち づ く り 個 性 派

法政大学現代福祉学部 非常勤講師(地方自治論)

赤煉瓦ネットワーク事務局長

ヨコハマ パトナの会 代表

自治体学会 学会賞委員会委員

内 藤 恒 平


 放送を通じて放送文化の発展に尽くした個人や団体に贈られる「NHK地域放送文化賞」に、群馬県からは、「富岡製糸場総合研究センター所長」の今井幹夫さんが選ばれました。

ことしで20回目を迎える「NHK地域放送文化賞」の表彰式が30日、東京・渋谷の放送センターで行われ、「富岡製糸場総合研究センター所長」の今井幹夫さんに表彰状と記念品が贈られました。
今井さんは富岡製糸場について地道に調査や研究を重ね、世界文化遺産登録への原動力となりました。
また、NHKが制作した数々の番組で監修や出演をし、富岡製糸場についてわかりやすく視聴者に伝え続け地域の情報の発信に大きく貢献しました。
今井さんは「今回の受賞はさらに研究を進めて深めなさいという激励のことばと受け止めています。
ありがとうございます」と話していました。

01月30日 21時19分

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 吉峰拡くん修士課程卒業おめでとうございます!2017.9.25(月)
  • 吉峰拡くん修士課程卒業おめでとうございます!2017.9.25(月)
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ