建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
2015年1月20日(火)夜、九州産業技術史研究会のスペシャリストシリーズ第2弾に、特別講師として元トヨタ自動車デザイナーの諸星和夫氏が登壇されました。

氏のユニークかつ豊かなデザイナー人生哲学を通して語っていただいたのは「自動車という商品」もしくはエクスペリメンタルデザインを超えて世界を見つめるとき、というようないたって普遍的なデザイン観とも言える視点。
氏は、トヨタデザイナーとして、国民的大衆車とも言えるカローラの創出から、その後の新たな家族観に影響を与えた大型空間のエスティマや、新たなアネルギー時代のハイブリッド車プリウスといった、時代時代のシーズとニーズを反映させた車づくりを長らく展開してこられました。
よもや世界で一番つくられた車がカローラ、と言われる昨今、それ以降のヒット商品とも言えるエスティマやプリウスを加えていけば、世界で最もたくさんの車をデザインした方なのかもしれません。

こうした社会のシーズやニーズを果敢に感じ取る人間力とも言える哲学的下地には、旧九州芸術工科大学初代学長をつとめられた小池新二先生が千葉大学工学部工業意匠学科教授だった頃に仰がれた薫陶の脈流が通奏低音のように流れている、と言われます。

 この日は多彩な受講者が集う中、九州産業技術史研究会の新たな展開を記念するかたちでの特別講演を通して、自動車の魅力や不可思議さを訴えていかれました。

P1230193


P1230192

発表構成

DVD映像「復元パブリカスポーツ(1962年)」

1-  デザイン

1-1.        機能とかたち

1-2.        エクスペリメントとプロダクト

1-3.        製品(プロダクト)と商品(プロダクツ)

1-4.        量産し、量販するということ

“かたちの重要さ”

 

2-  自動車という商品

2-1.        売れるということ

2-1.1.      ベストセラーかロングセラーか

2-1.2.      ブランドの構築

2-2.        イメージ商品

2-2.1.      映画に登場する車

2-3.        人の性格を表現する

2-3.1.      クラス感(格)

2-3.2.      趣味(生き方)

2-4.        時代を表現する 

2-4.1.      流行

2-5.        マン・マシーンの一期一会

2-5.1.      単なる雑貨か

 

3-  時代を超えるもの

3-1.        魅力…人の心を打つものとは

“人の努力(汗)と美しさ〜スポーツのように〜”


P1230191

P1230189

P1230196
1963年、東京オリンピックの前年にトヨタ自動車に入社された諸星さん。
実は入社のきっかけになったのがパブリカスポーツだったそうです。1962年、第9回全日本自動車ショーに出展されたパブリカスポーツを見て、「こんな格好良い車を出している会社、是非入りたい」と。しかし入社された頃には存在しなかったとのこと。それはエクスペリメント、つまり実験車だから2台しか作らなかったからだそうです。

P1230197
パブリカスポーツを構想したのは元航空機設計士の長谷川龍雄でした。米軍による爆撃が激化するなか、昭和20年7月末に長谷川はキ94という高高度戦闘機を設計し試作機を完成させますが、試飛行を迎えることなく敗戦を迎えました。
終戦後、飛行機を作られなくなった多くの技術者は自動車業界へ移り、長谷川も1946年にトヨタ自動車へ入社しますが、当時は「設計」ではなく「修理」という悲惨な有り様だったそうです。そしてそれを払しょくするため、製品としてのスポーツカー”パブリカ”の構想が進んでいったそうです。

スポーツカーとして新たな自動車を造る、しかしエンジンは小型車用しか使えないという条件から、軽量化と小型化が焦点となっていました。そして紆余曲折を経て1962年、第9回全日本自動車ショーにパブリカスポーツが出展されました。同展にはホンダのS360も出展されていました。これらはどちらもエクスペリメンタルカー、つまり実験車でしたが、強い反響もあり、レーシングカー(製品化)を経て商品化することになりました。

P1230198
この写真は国民車構想に則って作られたカローラです。この製作に諸星さんは関わっておられました。

P1230190

P1230199

P1230187

P1230200
車はその乗る人を他の何よりも雄弁に物語ります。
写真はイギリスのブロックバンクによる挿絵です。幌を出さないオープンカーで疾走するイギリス男は女性を黙らせるになるほどストイックだというもので、見る人が見れば「あるある」と頷ける様子や心情を巧く描いています。

P1230201
こうした乗る人のイメージを体現する、あるいは人を表現することも自動車の重要な役割の一つであり、そういったものを問うていくことが「売れる=価値を認められる」ことにつながるのだということがよく分かる説明を頂きました。

P1230202

P1230203
そういった意味において、ローバー社のミニは非常に重要です。アレック・イシゴニスは上流階級のものだった自動車を大衆者向きに、しかしパワーもスピードも妥協しない新たな自動車像を切り開き、それまであった自動車のクラス(格)感を覆したからだそうです。

P1230195

P1230204

P1230205

P1230206

P1230207

P1230213

P1230214

P1230210

P1230209

P1230208




 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ