建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

20150-5@“cì@ì•i 展
九州大学藤原惠洋+藤原研究室では、2014年秋から田川市石炭・歴史博物館と連携し
まちづくり事業を行っています。加えて、藤原惠洋先生が教鞭を取られる学部生授業
「芸術文化企画演習」でも、芸術文化の力によるまちづくりの実践的授業のいっかん
として、田川をフィールドに様々なアクティヴィティを行っています。

今回は神戸芸術工科大学の谷口文保先生を講師にお招きし、田川のシンボルである
香春岳をモチーフとしたアートワークショップと展覧会を開催しています。

 

田川はかつて筑豊地方最大級の炭鉱を持ち、同時に石灰岩の産出地でもありました。
昭和10年から本格的な採掘が行われます。三つに連なる香春岳のうち、一ノ岳は
豊富な石灰の宝庫として、現在も採掘が行われています。一ノ岳は上部がすぱっと
切り取られたような形になっています。

 

谷口先生によるアートワークショップ「香春岳プロジェクト」は白ダイヤ
呼ばれた石灰岩を産出し続けている香春岳をモチーフとして想い描くという内容で
山頂から切り崩されて今では台形になってしまった香春岳(一ノ岳)の過去、現在
未来を想像して描くというものです。

 

参加学生は日本各地の出身者に限らず、中国、韓国、台湾、モンゴル、ニュージー
ランドの学生と国際色豊かな顔ぶれです。参加者全員があのような形の山は見た
事がない、と驚いていました。地域独自の風景がまちのどこからでもシンボル
として見る事ができ、同時に地域の人々が、香春岳をモチーフにした看板、絵画、
ポスター、昔の写真などを通して生活の中で誇りに思っている様子をフィールド
ワークで学びました。そのようなことをふまえて、私たちは香春岳をきっかけに
様々なまちの姿を想像しました。ぜひ足を運んでご鑑賞ください!

 

 

期間:2015119日〜215

場所:田川伊田商店街内 ギャラリーCoCoITA(おのや呉服店さん隣)

時間:9:00~17:00 125日(日)、21日(日)、28日(日)休み)

 

▶鑑賞者参加型アートワークショップ開催!

215日(日)1400〜16:00にはCoCoITAにアートプロジェクト
プロデューサーの谷口先生によるワークショップ開催!

香春岳をモチーフにした作品制作を行うことができます。(先着20/無料)

 

あなたの心の中の『香春岳』を一緒に探してください!

田川地方ではシンボルとしての香春岳を誰もが見つめています。今回私たちは
「香春岳百景」と題して、写真、絵画、絵柄、デザイン柄、マーク、
キャラクター等、さまざまな香春岳を探しています。ぜひ、お気に入りの
香春岳を見せてください。そして思い出話をお聞かせください。

2月15日(日)14:00~16:00に、伊田商店街の市民ギャラリー
CoCoITAで「香春岳百景」へのご参加をお待ちしています。

 

 
1月18日(日)は展示作業に向かいました。九州大学芸術工学府出身で
西日本新聞社記者(飯塚・田川)の諏訪部真さんが取材と展示作業の手伝いを
行ってくださいました!


IMG_0979

諏訪部さん。大学院の時は藤原先生の授業「芸術文化環境論」を
履修されていました。一つ一つ微妙に異なる作品の水平を取るという大役を
果たしてくださいました。本当にどうもありがとうございました!

IMG_0982

IMG_0984

 
IMG_0985
 
FullSizeRender
 
IMG_0996
 
IMG_0992
田川市石炭・歴史博物館の野島さんも様子を見に来て下さいました。



D3 國盛 

Comments

    • 宗良父's comment
    • 2015年01月23日 12:40
    • 年のせいか、かつて暮らした田川の夢を時々見ます。以下は香春岳に関係するものです。

      どこから入ったかわからないが、全山石灰岩の香春岳の中に自分がいる、そこは巨大な鍾乳洞で、見上げるとなぜか九州特有の夏のまぶしい日差しが差し込んでいる、中はひんやりとして気持ちよかった、という変な夢です。

      私がよちよち歩きのころ、尖った香春岳をバックに三井の社宅で撮った写真がにあります。

      従って当時の山容を知るので、その形を想像することはないのですが、香春岳の中に巨大な鍾乳洞があった、というのが私の想像、創造です。
    • ふ印's comment
    • 2015年01月23日 14:25
    • 宗良父さま
      コメントありがとうございます。なんと素敵な想像でしょうか。とても情景が思い浮かんできました。
      一ノ岳の採掘場に入ることはできないそうなのですが、(春・秋の年に二回、山自体には登れると聞きました)宗良父さんのように想像されると本当にそんな世界が広がっているように思えます。
      2月15日には地域の方々の作品も出来上がってくると思いますので、また学生達と異なるイメージがあるのかな、と楽しみにしています。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • いよいよ塩田千春さんの展覧会が森美術館で開催!!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ