建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

横浜ではヨコハマトリエンナーレ、黄金町バザールも終了し、いつもと同じような静かな時が戻ってきましたが、皆様、お元気でお過ごしでしょうか。
 

黄金町バザールには約4万人の方々に来ていただきました。来て下さった方々、応援してくださった方々には感謝申し上げます。
 

ハレ(非日常)とケ(日常)のバランスをうまくとって生活をするとストレスもあまり溜まらなくて良いと常々思ってきました。しかし、ハレが続きすぎると、ハレとケの境がなくなってしまうようです。この3か月余、「黄金茶室」プロジェクトを進め、最初はハレだったものが、ケに転換して、「抹茶」をいただくことが日常になり、ケでも楽しい時間になりました。できれば毎日、茶を点ててみようかと思っています。

 

★「羽田空港が象徴する日本の発展」

オリンピック・パラリンピックが東京で開催されることを受けて、準備が着々と進んでいます。競技は東京で一極集中して行われるため、新国立競技場の建替えや有明・お台場など海浜地区に新設の競技場を整備するなど、ほとんどの投資が東京に集中します。また、競技場周辺のアクセスの改善や観光客の誘致のため、東京国際空港(通称「羽田空港」)の機能強化や羽田空港直通の鉄道の建設計画など、東京を取り巻く改造計画が次々に発表されています。今回、日経BP社「ケンプラッツ」では、「羽田空港が象徴する日本の発展」を掲載しました。
ぜひともお読みください。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/column/20141029/681689/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★インクルーシブ・カフェ in 横浜~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

障害者の芸術作品の魅力を広く発信するためのプロジェクト・チーム「PR-y(プライ)」。

スローな雑貨ブランドとしてスタートした「スローレーベル」。

どちらも多様な分野のプロフェッショナルとの協働によって、既成の価値観を覆すような実践を展開しています。障害者の芸術表現と社会との多様な回路をつなぐクリエイターや

デザイナーの役割について語り合います。
 

▼開催概要

日 時:20141121日(金)19:0021:00 *開場18:30

会 場:象の鼻テラス (横浜市中区海岸通1丁目)

    http://www.zounohana.com/map/

ゲスト:笠谷圭見さん(PR-y主宰/RISSI INC. 取締役副社長)

    栗栖良依さん(スローレーベルディレクター)

定 員:50人(申込み先着順)、参加費:無料

主 催:文化庁、NPO法人�都市文化創造機構

協 力:象の鼻テラス、大阪市立大学都市研究プラザ
 

▼参加申込み方法

準備の都合上、事前にお申込みをいただけるとありがたいです。

お名前(ふりがな)・ご所属を明記の上、メールをお送りください。

 申込先:NPO法人都市文化創造機構 メール inc2@ccn-j.net

※詳細  http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/2014/10/20141121.html

 
 

★近代建築の危機

富岡製糸場が世界遺産に登録され、国宝にも選定されると聞いている中、奈良刑務所(設計:山下啓次郎)の取り壊しの計画が浮上し、近代の名建築 奈良少年刑務所を宝に思う会(会長:山下洋輔)が設立され、奈良刑務所を重文にしようという動きが出てきています。

一方、横浜では、明治43年に建築され、輸出用生糸を収めた旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体工事が5日着工しました。「横浜赤レンガ倉庫より古い横浜最古の倉庫。重要文化財級」との専門家の声も、多くの横浜市民の保存活用してほしいという声も、所有者のケン・コーポレーションには届きませんでした。

一時の経済的な利益で百年以上、その町で活躍してきた建物を壊すことの是非、行政、市民、企業の責任、どういう価値観で近代建築を考えていくのか、これからの大きな課題だと思います。壊されたものは元には戻せません。悔しいし切ない気持ちです。

 

9月中旬に突然、パソコンがダウンしました。すぐに復活すると思っていましたが、ハードの不具合で、まったく機能しなくなりました。以前のデータはバックアップしていたのですが、直前1か月くらいのデータは遠い彼方に去っていってしまいました。日頃から、機械はあまり信用しないと心に決めていたのですが、この10年余はパソコンにいかに依存してきてしまったのか、痛切に感じました。アナログ的思考とツールをどうやって取り戻すのかがこれからの課題かと考えています。「頼りすぎは怪我の元です」

では、みなさま、お身体ご自愛にて、ますますのご活躍を。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★

クリエイティブディレクター
仲原正治   MZarts:横浜市中区日ノ出町2-165

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • 日本イコモス国内委員会主催「歴史を活かしたまちづくり~熊本地震からの復興~」2017年9月24日(日)熊本市役所14階大ホールにて開催
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
  • シンガポール国際芸術祭芸術監督で演出家のオン・ケンセンが演出した韓国俳優による『トロヤの女』を観劇しました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ