建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

赤煉瓦ネットワークアドバイザーの皆様おはようございます。内藤恒平です。赤煉瓦ネットワーク富岡大会の参加状況や小野田滋さんの新著紹介、赤煉瓦情報です。

     富岡大会参加状況

申し込みが相次ぎ富岡以外の参加者が70名近くになりました。

手づくり資料もどうやら格好になってきました。

     赤煉瓦ネットワーク会員小野田滋さんがまたもブルーバックスから「関西鉄道遺産—私鉄と国鉄が競った技術史—」を出されました。「東京鉄道遺産」に続く待望の関西編!、関西の鉄道構造物はひと味

関西鉄道遺産表紙写真

違う!と感嘆符連発です。著者の紹介には「NHKブラタモリにも出

演」と書いてあります。

さて、内容は「駅と建築をめぐる」、「橋梁をめぐる」、「高架橋を

めぐる」、「トンネルをめぐる」となっ

ており、トンネルを中心の煉瓦が登場してくる。「ねじりまんぽ」の

トンネルの解説もあります。

主要参考文献の項には、会員の石田成年さんの名前も登場します。

 

「関西鉄道遺産」—私鉄と国鉄が競った技術史— 小野田滋著 (株)

講談社 

定価:本体1000円(税別) 講談社ブルーバックス B—1886

     赤煉瓦情報

・遠藤博さんからの情報 「旧三井倉庫解体危機」は添付します。

・飯島悦郎さんからの情報

「小倉の赤レンガ建築でアート展示会」という記事がネットにありまし

た。ご参考まで。

http://kokura.keizai.biz/headline/1009/

 

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

ま ち づ く り 個 性 派

法政大学現代福祉学部 非常勤講師(地方自治論)

赤煉瓦ネットワーク事務局長

ヨコハマ パトナの会 代表

内 藤 恒 平

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 九州国立博物館「新桃山展」を見てきました。2017.11.19
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ