建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
P9282633
 米一俵くらいの重さはあるのではないか?といわれる石が持ち上がりました~!!!!
P9280156
P9280213

   今回、飯良を案内してくれた太田さん 村田さん 辻村さん。
P9282524

 平戸+佐世保・黒島FWも最終日。この日は一昨日の根獅子での会議で話しがでた飯良地区へ急遽行くことになりました。今まで行ったことのない集落です。公会堂がどこにあるのかわかりませんでした。やっと飯良の公会堂を見つけ、そこに集まっていた関係者のみなさんとともに地域ウオッチングをすることにしました。
P9282521
P9282525
P9282526
P9282530
P9282528
P9282532
P9282536
 ↓これからこの地区で元・庄屋さんをしており、現在は空家というたけだ家に行きます。
P9282537
P9280168
P9280170
P9280171

P9282538
P9282539
P9280172
P9280173
P9280174
 ↓藤原先生によると、この写真の右手から左手にかけてある道が先にでき、その後中央の2人(浜田さんと福田君)が立っている道ができたとのことです。昔はこの道のラインに公共の施設(公会堂)がありました。(※現在の公会堂は違うところに動いております。)
P9280175
P9282549
P9282546
P9282534

P9280176
P9282551
P9282554
P9282552
P9282555
P9282556
P9282558

P9280178
P9282560
P9282561
P9282562
P9282563
P9282564

P9280179
P9280180
P9280181
P9280182

P9280184
P9280186
P9280189
P9280190
P9282566

P9280192
P9280195
P9280196
P9280198
P9282569
P9282570
P9282572
P9282574

P9282595
P9282598
P9282599
P9282600
P9282602
P9282603
P9282604
P9282605
P9282606
P9282609
P9282610
P9282612
 カッパ伝説のあるところ。
P9282613
P9282614
P9282615
P9282616
 その後、飯良で一つの商店に伺い、みなさんと一休み。
P9282617
P9282618
P9282619
P9282620
 飯良の地域ウオッチングは2時間程行いました。
 海沿いの根獅子とは全く違う地域に見えました。先生によるとこの地域は集落の形成過程がわかりやすいとのことです。建物や道をむやみに壊しておらずつけたしている感じがするのと保存状態が良いように私にも思えました。

 一緒にいった梅田さん(コンコード環境デザイン研究所)が「校区の安全安心マップ」というのを福岡市内の地域の皆さんとワークショップをしながら作っており、私も参加しています。飯良も同じように地域のみなさんとワークショップを通して「地域のお宝&絵になる風景&ウオーキングマップ」なんてのをつくると、歩きやすいし見どころがわかって楽しいのではないかと思いました。

 次は、急いで春日地区に向かいます。
P9280220

P9282627
       ↓春日講の寺田会長                      ↓文化観光部の植野さん。
P9282626
P9280223
P9280225
P9280226
P9280227
 初めて春日に来たメンバーもいるので早速外へ散策です
P9280229
P9282634
P9282637
 ↓これは「ちから石」何キログラムか正確にはわかりません。が、重いのは事実。10キロ入り米袋2つくらいは持てる私ですが、この石は転がすこともできませんでした。持ち上げようとして腰を痛める危険性があるので単純に力試しをするのは危ないな~なんて思っておりました。陸上の現役選手圭一くんは準備運動もせず石を持ち上げて体を痛めるとアスリート生命にかかわるので断念。
P9282631
 すると…ある方がスルスルと石を持ち上げだしました。
P9282632
P9282633
P9280231
 石の持ち上げに成功!!!唯一 石の持ち上げにトライして成功したのは、結局、一番年長で終始車を運転して下さり、このFW直前まで海外に行ったり山ほどのデスクワークをこなしたり、日々非常に忙しく過ごし、本来なら一番疲れているはずの先生だけでした!!このFWでは黒島教会の美しさにビックリしましたが先生の身体能力にもビックリしました!!!
 ↓石のリフティング成功の直後、先生はこの石だらけの場所をささっと忍者のようにわたり、気が付くと向こうまで行ってました。私は口をあけてみているだけでした。スゴ過ぎます 先生。
P9282635
P9282636
P9282638
P9282639


P9280234
P9280235
P9282640
P9282641
 春日地区は世界遺産候補「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の中の構成資産の一つ、「平戸島の聖地と集落」に含まれるところです。
 「平戸藩主・松浦隆信の家来であった籠手田氏・一部氏が1553年にキリスト教へ改宗。その後一族の領土だった生月島、度島、平戸島西海岸の領民全てをキリスト教に改宗させた。春日は布教当時のこの地方の景観を残す集落である。」『おらしょ-こころの旅』より
 春日地区にも“潜伏キリシタン”はおりました。佐世保の黒島教会とは随分違った様子だったようです。
まだ調査をしていないのでなんとも言えませんが、春日地区と距離の近い飯良地区にも潜伏キリシタンはいたと思われます。また、同じような風景を持つ地域は春日の他にも獅子、飯良などがあります。共通の歴史や共通の風土・風景をもつところは、みな世界遺産の構成資産と同じに扱えばいいのではないかと思います。春日と飯良には行政の区分はありますが、行政の区分以外は同じような棚田や風土が存在していると考えております。

 ↓次は生月島へ
P9280242
P9280236
P9280239
P9280238
P9280241
 そして、最後になりましたが
 世界遺産候補の構成資産の一つ、田平教会へ行きました。ここは鉄川与助が棟梁をした教会です。
 P9280313
P9280244
P9280315
P9280310
P9280311
 田平集落は黒島に赴任していたラゲ神父と出津に赴任していたド・ロ神父が新しい土地を求めて1886年に開拓した新天地。黒島から3家族、出津から4家族が移住、その後、大正時代から昭和元年にかけて97家族が田平に移り住んだということです。
P9280309
 田平教会の案内をしてくれた嘉松さんと記念写真。大変よかったです。

  今回、世界遺産候補の構成資産と関連地域を巡ったのですが、やはり凄かったです。
 ひとつひとつが保存状態の良いお宝のように思えました。特に煉瓦造りの教会のほとんどは九州にあるとのことで、今回訪問した黒島教会、田平教会は特に優れているように思えました。集落にしても古いままの状態で残っているようです。
 再来年、世界遺産になれば多くの観光客が来ると予想されます。今まで静かだった地帯にバスで乗り付けたり、もしかしたら「ミサの時に騒ぐ」や「集落内で迷惑行動」をする観光客が現れたりするかもしれません。また、このFWで巡った地域はどこも保存管理活用計画が必要なところに見えましたが、少子高齢化で地域に力が無いようにも見えました。
 どのようにしたら、ここに住む人々が穏やかに幸せに暮らしながら、交流人口と上手に付き合っていけるのでしょうか。
                         岩  井 










Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 新宿西口の某所にて第1回ふ印ボス(藤原惠洋)を囲む会開催さる!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 蔵座さん、国立療養所菊池恵楓園金陽会作品展、里帰り展へ向けて果敢なるクラウドファウンディングに挑戦!
  • 建築探偵シリーズその17 汎美計画から芸術工学へ~芸術工学の創造者小池新二(九州芸術工科大学初代学長)の戦前期デザイン思想と戦後の実践を巡る物語(その4)
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 2017年12月16日(土)15:00〜19:00【九州大学芸術文化環境学会第8回研究会】アートに支えられ、アートに映していく省察と創造〜2017年欧州現代美術展が示唆する内省と共生〜
  • 佐藤忠文氏率いる【九州大学地域情報化研究会】を熊本県菊池市に開館した「菊池市生涯学習センター」にて開催します!
  • ふ印ボス(藤原惠洋教授)が開講する九州大学芸術工学部公開講座(市民向け)は現在展開中。さらに新年も新テーマ受講生公募中です!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ