建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
P8090115 - コピー
 ふ印ボス藤原惠洋先生が、福岡建設会館で開催された福岡県ヘリテージマネージャー養成講座で講義をしました。
 講義のタイトルは「文化遺産保存・活用の現在」。

 全国には、建築基準法制定以前1950年以前に建築された歴史的建築物(伝統的な木造建築物や、鉄筋コンクリート造や煉瓦造りの近代建築物など)が約163万件存在しているといわれ、九州各地でもそれらが景観を形成し文化を伝えています。

 歴史的建造物を見て判断・評価して、付加価値をつけ未来へつなげていくことが今後の社会では求められていくでしょう。しかし、現在は価値観・考え方・評価・その後の適切な処理・修理・保存の仕方に幅があります。
 そこで、歴史的建造物をどのように残し、活用し、まちづくりに生かしていくかについて公共の場で勉強・実習・課題を提出し、現場でマネジメントしていく人材を育成していくのがこの講座です。
 これから来年2月まで受講生のみなさんは60時間もの講義や演習を通して、数多くの専門家の先生がたの授業を受講していきます。そのうえで2月の修了証書取得が可能となるのです。
P8090114
30名以上の受講者の皆さん。
 ヘリテージマネージャーとは、「地域歴史文化遺産保全活用推進委員」。
 地域固有の歴史的風致を形成する歴史的建造物の価値を見出し、保全、活用して、良好な地域づくりに貢献できる能力をもつ専門家のことです。歴史文化遺産や風致の消失をくいとめるため必要とされる人材なのです。
P8090116 - コピー
 以下は藤原先生の講義より

 「遺産か、廃墟か。これは文化財は文化遺産を考える際に誰もが振り返らねばならない課題でもあります。文化財はいつから文化財になるのか。文化資源はいつから文化資源として評価されるのか。不思議なものです。目の前にある遺構を相手にしたとき、遺構のさまざまから、もし全体のシステムを捉えなおすことができたのならそれは見事に「遺産」になるが、全体から切り離され断片に過ぎない部分しか捉えられないのであれば「廃墟」に過ぎなくなってしまう、そんな瀬戸際観が前提としてあるのです。廃墟ではなく遺産として包括的な価値を学びとり、遺産を活かしながら近未来へ向けた豊かな地域の生活を創造していきましょう。」

「文化遺産の活用には適切なビジターセンター及びガイド育成が欠かせない。また滞在型の体験プログラムやそれの受け皿施設の整備、来訪者が巡るストーリーを創出し遺産支援者をふやしていくなどのことが必要である。どこを守ってどこを活用すべきかを考え、今あるものを活かし、日本の風景を特徴づける歴史的建物という文化を世界に発信しよう。」

  私は文化財を勉強したことはありませんが、日々忙しく藤原惠洋研究室のさまざまな活動に関わることで、歴史的建物という地域の、そして日本のアイデンティティがうっすらと見えてきます。文化的景観や世界文化遺産という大きな枠組みを特定地域のものとして特徴づけるのは、結局、その地域の人々の住まい方・暮らしそのものなのだなあと思います。

 身近な暮らしの環境や都市やまちやむらから歴史的建物が失われ、地域のアイデンティティがなくなり、どこも同じような建物が並ぶ日本にならないよう、今あるものを活かしていくという覚悟をもって世界に臨むことができる日本になってほしいです。
 その為にも、ヘリテージマネージャーの今後の活躍が期待されます。

                                      岩  井

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『ふ印ラボ』 最新記事
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • 練習に熱中!!【九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室 熊本・天草フィールドワーク2018 第1回フィールドワーク・リテラシー(順応能力)形成ワークショップ】
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
  • ふ印ラボ定例ゼミ第3回において王仕岳くんが重慶交通大学建築学科の課題、卒論を発表しました!そして、その後は天草フィールドワーク準備!ハイヤ踊り練習!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ