建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
P8090074
 8月9日大学院「芸術・文化環境論」の授業のグループ成果発表が行われました。
共通テーマは、「ブラウンフィールドにアートを投入することで、場を再生する」です。
 
1.公共施設班(高橋・河野・吉峰)
2.商店街班(ジャン、許、王、彭、小林、高)
3.歴史遺産班(張、竹下、岩井)
4.コミュニティ班(蓮尾、芦野、河村、高﨑、横山)

 4月の座学に始まり、7月には班分けをし、その後は班に分かれて活動してきました。
ブラウンフィールドの理解、調査対象地の選定、班行動、その成果のまとめはなかなか大変だったのではないかと思います。

P8090078
 公共施設班は「都心部における廃校利用の模索と提案~福岡市簀子小学校を事例として」というタイトルで、小学校の現況、活用方法が提案されました。
 質疑応答では、

 ・簀子小学校へのこだわりが感じられない。
 ・アーツ千代田3331のような施設を参考にしたらどうか という意見がでました。

 次は商店街班です。 
P8090082
P8090084
P8090085
P8090087
 商店街班は、博多せんしょうと旦過市場を対象としました。博多せんしょうは70か所のうち、44か所が70か所
が空き店舗。今後の早急な対策が必要とされているところです。
  商店街班は、地元商店街への調査、インタビューを経て、以下の提案をしました。
 ①休憩所や駐輪所を整備する。
 ②博多祇園山笠(千代流れ・飾り山)を利用し、集客に努める。
 ③空き店舗の再利用ー旦過市場のように大学と連携をとり活性化していく。部活室や展示場にする。

 現在残っている商店街としては、韓国の商品を販売しているなど特徴のある店が残っているということでした。質疑応答では、特徴を目立たせる方向でいけばいいのではないかというコメントがでました。

 次は、歴史遺産班です。
P8090090
 私はこの班の所属です。タイトルは「青春の音をアーカイブにー記録を記憶の引き出しに残す」ということで音に着目しました。学部時代に音響設計学科に所属していた竹下君がいたので、視覚ではなく聴覚に着目しようということになりました。
ブラウンフィールドの対象地としたのは、九州大学箱崎キャンパスです。ここは5年後には、伊都キャンパスに移転のため現在地から無くなります。跡地の活用については、話し合われているものの、そこで培われた個人の歴史はどうなってしまうのでしょうか。まず、個人の音への気づきを促すスタンプラリーをし、その後、「私の音」をキャンパス内から集めてもらい、CDROMを作成し、卒業時に学生に配る、また、それを公共図書館に所蔵し、公共の音とすることが狙いです。
 音の採集に箱崎キャンパスを歩き回る歴史遺産班。
P8060060
P8060058
P8060059
P8060065
P8060066
 歴史遺産班への質疑応答では、過去の音はどうするのかというのがでました。

P8090093
 最後はコミュニティ班。親不孝通りを対象地としての発表。
P8090094
P8090096

P8090098
P8090099
P8090105
P8090107
P8090108
P8090110
 街コン、ひたすら怖い映画を街全体に投影する、アートイベントをするなど、様々な提案がなされました。
P8090111
 それぞれの班に分かれ、さまざまなところへ赴き、現場の声をきき、何が求められているのかを考える良い機会となりました。又、学部時代、別々のところに所属していた人たちが、ブラウンフィールドをよみがえらせるという1つの目的に向かって取り組み、それぞれの成果をあげることができたのではないかと思います。

                               岩    井





Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
  • 公開講座が始まりました!「建築探偵シリーズ16アジアの都市と建築」2017.10.10(火)第1回目
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ