建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

20140206-00000088-mai-000-5-view
ふ印ラボのみなさんへ

近代建築史研究者の先達として、私の若い建築学徒の頃の博士論文の審査をお願いしたお一人として、東大建築学科先輩として常にご指導を仰いでいました東大名誉教授・博物館明治村館長の鈴木博之先生がお亡くなりになりました。

昨年11月に赤煉瓦ネットワーク関門大会で私がお願いした「日本人はなぜ赤煉瓦に魅了されるのか?」という厄介なテーマにもじつに誠実に対応してくださいました。
そのときのたんたんとした語り口での基調講演が昨日のように思い出されます。

今日の福岡は雪か氷雨が降っています。

ただただ、安らかにお休みください、ご冥福をお祈りするばかりです。 


藤原 惠洋


高月様、藤原様、堀様、こんばんは。ヤフーのニュース20:30に鈴木博之先生の訃報が載っています。
23日、肺炎で亡くなられたそうです。関門大会のご講演で、赤煉瓦の新たな魅力をお教えいただいたのに誠に残念です。ご冥福をお祈りします。家族でご葬儀は済まされたそうです。本葬は324日(月)午後1時から新宿区四谷の東長寺で行われるそうです。喪主は明治学院大学教授の奥さま、葬儀委員長は安藤忠雄さんだそうです。
ご報告まで。
 
☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆
個性ある魅力あるまちづくり
法政大学現代福祉学部 非常勤講師(地方自治論)
赤煉瓦ネットワーク 事務局長
ヨコハマ パトナの会 代表
内 藤 恒 平

いつも大変お世話になっております。
東大の加藤耕一です。

たいへん哀しいご連絡となりますが、
鈴木博之先生が2月3日にお亡くなりになりました。
謹んでご報告申し上げます。

お知り合いの方にもお知らせいただければと存じます。


----------------------------------------------------------------
----------------------

鈴木博之先生 逝去のお知らせ

鈴木博之先生は、2014年2月3日(月)、肺炎のため、逝去されました。
2月6日(木)に近親者で密葬を済ませました。

本葬を、下記の要領でとり行います。
 日時:3月24日(月)13時より
 場所:東長寺(東京都新宿区四谷4-34 電話:03-3341-9746)
    http://www.tochoji.com/access/index.html
 喪主: 妻 鈴木杜幾子
 葬儀委員長:安藤忠雄
 なお、香典・供花等のお心遣いは、堅くお断りします。

鈴木博之先生の略歴
 青山学院大学教授 東京大学名誉教授 明治村館長
 著作:『ヴィクトリアン・ゴシックの崩壊過程の研究』(博士論文)、
 『建築の世紀末』、『東京の地霊』、『都市へ』、『庭師小川治兵衛
とその時代』など多数。
 鈴木先生は、東京駅駅舎の復原や国立近現代建築資料館の創立に対し
て、
多大な尽力をなされました。



毎日新聞の方に、既に訃報が掲載されておりました。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140206-00000088-mai-soci

 日本の近現代建築の保存と批評で活躍した建築史家で青山学院大教授の鈴木博之(すずき・ひろゆき)さんが3日、肺炎のため死去した。68歳だった。葬儀は近親者で営んだ。本葬は3月24日午後1時、東京都新宿区四谷4の34の東長寺。喪主は妻で明治学院大教授の杜幾子(ときこ)さん。葬儀委員長は建築家の安藤忠雄さん。

【さよならあの人】レクイエム2014

 東京都出身。東大大学院在学中から論文を発表し、気鋭の学者として注目された。1990年から東大建築学科教授を務め、2009年から現職。

 現代建築の評論や都市論の執筆を手掛け、90年には土地に宿る精神性を論じた著書「東京の地霊」などでサントリー学芸賞を受賞した。

 日本の近代化を象徴するモダニズム建築の保存運動で主導的な役割を果たした。12年に完成当時の姿によみがえった東京駅舎の復元をはじめ東京、大阪の中央郵便局解体に反対する活動を展開。昨年、都内に開館した国立近現代建築資料館の創設にも尽力した。

 05年紫綬褒章。東大名誉教授。10年から博物館明治村(愛知県犬山市)館長。08年から毎日新聞でコラム「都市の呼吸」を連載していた。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ