建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

■ 1 ■  第㈽期レジデンス・プログラムは、キュレーター/リサーチャーです

あじび美術講座2014
「重慶〜福岡・北九州 アーティスト・ラン・スペースのいま」

 福岡アジア美術館の平成25年度第㈽期レジデンス・プログラムでは、中国・重慶よりニ・クン(倪昆)氏をお迎えします。ニ・クン氏は、3月25日まで滞在し、アジアにおけるアーティスト運営のアート・スペース(アーティスト・ラン・スペース)について調査研究を行ないます。

 このたび、来福の紹介をかねて、ニ・クンさんが重慶でアーティストたちとともに運営を行なっている「オルガンハウス」の活動を紹介するとともに、あわせて福岡・北九州のアーティスト・ラン・スペースの活動を紹介し、その意義や目的、展望について考察するパネル・ディスカッションを開催いたします。
 インディペンデント・キュレーターの花田伸一さんをモデレーターに、まずニ・クンさんに「オルガンハウス」ついてお話いただき、次に福岡での具体的な事例としてアーティストの宮川敬一さんが運営している、北九州市の「GALLERY SOAP」についてお話しいただきます。そして最後に、それぞれのスペースの課題や可能性について意見交換していただきます。

 重慶と福岡・北九州、二つのアーティスト・ラン・スペースについて、比較しながら概観できるこの機会、ぜひお越しください。
 
 【日 時】 2月14日(金)18:30〜20:30
 【会 場】 あじびホール
      ※入場無料、日・中逐次通訳(事前申込不要)

詳細はこちら
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/178


■ 2 ■  いよいよ来週開幕です!

「東京・ソウル・台北・長春——官展にみる近代美術」

 【会 期】 2月13日(木)〜3月18日(火)
 【会 場】 企画ギャラリー

展覧会の詳細スケジュール
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/122

◎会期中のイベント◎

◆あじび集中講座◆ ※16日の3時限目がキャンセルになりました。

(一日目) 2月15日(土)13:00〜17:00
 1時限目「台湾美術展覧会と在野の美術団体について」
       林育淳/リン・ユーチュン(台北市立美術館 研究員)
 2時限目「異郷の昭和美術−満洲国美術展覧会をめぐって」
       江川佳秀(徳島県立近代美術館 学芸調査課長)
     
(二日目) 2月16日(日)13:00〜17:00
 4時限目「朝鮮美術展覧会の画家たち」
       キム・ヒョンスク(韓国徳成女子大学 研究教授)
 5時限目「朝鮮美術展覧会の書と四君子の話し」
          イ・ドングク(韓国芸術の殿堂書芸博物館 学芸室長)
      ※1講座講座のみの聴講可、事前申込不要、外国人講師の場合は逐次通訳あり

集中講座の詳細
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/170

◆ギャラリーツアー:学芸員といっしょに作品を見ましょう!
 【日 時】 3月1日(土)13:00〜14:00
       3月8日(土)13:00〜14:00
      ※入場には本展観覧券が必要になります

ギャラリーツアーの詳細
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/171


■ 3 ■   「あじびニュース」デジタルデータ版

 あじびニュース第55号(デジタルデータ版)をホームページにアップしました。
下記のサイトからご覧ください。

http://faam.city.fukuoka.lg.jp/residence/img/upload_houkoku/20140131190255_211016.pdf


■ 4 ■ 月例読み聞かせ(2月) 

「アジアの絵本と紙芝居の読み聞かせ」

  【日 時】 9日(日)、11日(火)、23日(日)、25日(火)
        11:30〜12:00、13:30〜14:00 
  【会 場】 キッズコーナー(当日会場を変更する場合があります)
  【対 象】 未就学児および児童と保護者(事前申込不要)

詳細はこちら
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/180 (9日)
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/event/detail/181 (11日)


□このメールは配信専用です。返信されましてもご返答いたしかねますのでご了承ください。
□配信停止を希望される方は、下記までお願いします。
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html

==================================
福岡アジア美術館
TEL 092-263-1100  FAX 092-263-1105
E-MAIL faamあっとま〜くfaam.ajibi.jp
==================================

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ