建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

毎日新聞 2013年12月29日余禄より 以下全文

 司馬遼太郎(しば・りょうたろう)が初期に書いたエッセー「私の小説作法」に有名な一節がある。ビルの屋上から下を眺めるようにして、「すでに完結した人生」をとらえ、歴史を考えるのが面白いというのだ。鳥の目で人間の営みを見る司馬作品の神髄を打ち明けた言葉だろう▲年が替わる節目が近づくと凡夫の身でも、視野を広げて時間の流れを見渡したくなる。過去を振り返るのもいいし、将来から現代を見つめれば、何を感じるのだろうかと想像するのも楽しい▲長崎市の端島(はしま)を訪ねたのは今年の晩秋の晴れた日だった。九州大学の藤原恵洋(ふじはら・けいよう)教授(建築史)らの調査に同行させてもらった。かつて炭鉱で栄えた島はそのシルエットから「軍艦島」と呼ばれる。周囲1・2キロの島に5200人が暮らし、人口密度が東京の9倍ともいわれたが、1974年に閉山し、現在は無人島になっている▲2015年の世界文化遺産登録をめざす「明治日本の産業革命遺産」の一つだ。日本最初の鉄筋コンクリート造りの集合住宅をはじめ、かつての最先端のビル群が高密度に建ち並んでいる。あちこちで鉄骨がむき出しになり、崩落していた▲海風や波の痕跡が目立ち、ガレキが散乱する。そんな廃虚になった街でほこりにまみれながら、妙に懐かしいような思いにかられた。近代化や経済成長に突き進んだ時代を一つの文明の形として実感したからだ▲軍艦島の光景を思い浮かべながら、ふと考える。今という時代は何に向かって進んでいるのだろう。未来人は、この文明の姿をどう評価するのだろうか。長い時間軸で、私たちにとって何が大切かを考えるのも悪くないと思ったのだ。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ