建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
SCN_0010
 ↑ 雪野フットパスコースを調査している藤原先生と参加のみなさま。

さて、2日目の午後はお待ちかね 首都大学東京の青木茂先生の講演会です。

IMG_3087
 講演会では青木先生が今まで手掛けてきた仕事の数々が紹介されました。
IMG_3095

IMG_3097

IMG_3099
IMG_3100
IMG_3104
IMG_3106
IMG_3107
IMG_3109

 講演会終了後、雪野地区へ戻ってみると!なんだっ?遠くからでもすぐわかるキャンプファイヤーが!!
IMG_3114
DSC08191
DSC08228

DSC08192
DSC08194
DSC08195
DSC08196
 前市長が来て下さいました。
DSC08201
 現市長も来て下さいました。
DSC08203
DSC08209

DSC08206
DSC08210
DSC08211
DSC08231

DSC08212

DSC08215
DSC08216

DSC08237
 大きな炎があがり、法螺貝が鳴り響く交流会は和やかに終了。

首都大学東京の若者は更に食べておりました。
DSC08241
DSC08242

DSC08249
 熊大生は片付けもしました。
 DSC08248
 この日はこれで就寝。

IMG_3237
IMG_3238
次の日の朝早く。朝食の用意をしてくれているヘルスメイトさんたち。
DSC08252
DSC08254
DSC08255
 午前中は雪野フットパスコースを見つけに行きます。日本フットパス協会によりますと、「『フットパス』とは、イギリスを発祥とする“森林や田園地帯、古い街並みなど地域に昔からあるありのままの風景を楽しみながら歩くこと【Foot】ができる小径(こみち)【Path】”のことです。発祥の地であるイギリスにおけるフットパス整備は、人々の生活を通して自然発生した小径(こみち)を、たとえそれが私有地の中であっても、一定のルールのもとに、通行する権利を獲得しようという運動が始まりでした。 一方で、私たち日本のフットパス整備は、まず自らの暮らす地域において、個性豊かに育まれてきた文化・歴史・産業・景観等の資源を、地域の魅力として再認識・調査することからはじめます。その後、それらの魅力にもっとも触れることのできる小径を探し出し、ルートマップや道標の作成を行います。現在、フットパスがその裾野を全国に広げつつあるのは、観光振興の側面のみならず、整備のプロセスそのものが地域が地域自身を見つめなおし、自らのよさに誇りを持つとともに、抱える課題に向き合っていく、まちづくりのきっかけとなるからです。 実際、多くのフットパスは行政ではなく市民団体により整備・管理されており、地域の魅力の保存・育成および発信のため、環境保全活動、イベント、ツアー企画などが活発に行われています。」
DSC08256
IMG_3118
IMG_3192
IMG_3130
IMG_3131



IMG_3144

IMG_3146
 鞍岳。

DSC08269
IMG_3151
IMG_3153
 こだまが返ってくるポイント、ヤホッーポイントで叫んでみます。↓
IMG_3154
IMG_3156
IMG_3158
IMG_3159
IMG_3161
IMG_3167
IMG_3169

IMG_3172
IMG_3180

DSC08292
DSC08299
DSC08305
 ↓有働さんという以前はここ雪野でお医者さんをしていたお宅にも伺いました。有働秀樹さんは子どもの頃この有働医院がかかりつけのお医者さんだったそうです。先先代はこの地区の貧しい人々から治療代金をもらうのではなく、お米をあげていたとのことでした。
DSC08315
 善龍時にも伺い、お庭を見せていただきました。
DSC08308
DSC08310
 凝結溶解岩をりようしたお庭
DSC08312
DSC08313
 八幡宮の狛犬。イノシシと龍が混じっております。
DSC08318
DSC08321
 皆が公民館に戻ってきました。熊大生とはここでお別れ。また来て下さいね。
DSC08331
 8年間中華料理店で料理のバイトをしてきたというジムが袋ラーメンで焼きそばを作ってくれましたよ。
DSC08332
DSC08334
DSC08335
 ↓午後の発表へ向けての準備をしております。
DSC08329
IMG_3250
IMG_3251
DSC08339

DSC08344
DSC08347
 ↑山チームと↓里チームの発表。

DSC08351

DSC08354
DSC08355
DSC08356
DSC08359
DSC08361
DSC08362
 講評をいただいて終了。
IMG_3255
 この雪野ワークショップでつながった人と人、人とアイディア、人と地域。2泊3日で得るものは様々でした。これからも雪野地区には来ることがあると思いますので宜しくお願いします。

                                         岩  井

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ