建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

543014_448579581866328_138678019_n
来週12月14〜16日、廃校になる母校を舞台とした最新作を上映します。
本当に多くの人に見てもらいたいので、ぜひ見に来て下さい。
来て下さるのであれば、席に限りがありますので、連絡をもらえればと思います。

以下詳細です。
映画「ぼくたちはここいる」上映会
廃校になる小学校を舞台に描かれる物語
―かわっていくもの、かわらないもの―


予告
http://youtu.be/XWeLeNrnWnE

「ぼくたちはここにいる」facebookページ
http://www.facebook.com/Bokutachihakokoniiru

上映会イベントページ
http://www.facebook.com/mariko.sakurai.1029#!/events/392889730787757/


上映日:12/14(金)/15(土)/16(日)
会場:博多リバレインホール
入場料:大人 1000円 / 高校生以下 500円


上映開始時間
12/14(金) 18:00
  15(土) 11:00 / 14:00 / 17:00
  16(日) 11:00 / 14:00 / 17:00

※開場は上映開始30分前
※上映終了後にはアフターイベントを予定しています。


予約受付フォーム
http://mipika.net/bokutachiha/mail.html



=====


芸工の大学院生の小田憲和くんからご案内が届きました!

小田くんは、2年前にふ印ラボにいた大道芸人・望月ゆうさく君と卒業制作として映画を撮っていた監督です。
大学院進学後も、福岡で日々活躍しているようです。

今回の作品は、2015年3月で廃校になるみやま市の山川南部小学校を舞台にした作品。
その小学校は小田君の母校とのことです。


12月2日の西日本新聞朝刊でも取り上げられたとのこと!
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336926



皆様ぜひ足をお運びください!


(修士 北岡慶子)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新井英夫「たのしもう」
  • 新井英夫「たのしもう」
  • 第8回九州大学図書館創造研究会を開催します!2018年1月19日(金)
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
  • 韓国・済州島・西帰浦市の李仲變芸術通りを歩きました!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ