建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
昨年度まで九州大学大学院芸術工学府のホールマネジメントエンジニア(HME)育成ユニットに学術研究院として勤務されていた福田裕美先生!!久しぶりに九州上陸です!!

現在は東京音楽大学の音楽教育の分野にて、専任講師として教育と研究にご尽力されています。

本校へお立ち寄りになられて、先生方や元教え子たちとの久々の懇親。
写真はお馴染み本校近くの赤木酒店です。
169110_3375480564712_369151178_o
各々の現在の活動や、卒業生たちの朗報、福田先生の現在のお仕事ぶりなど、HME時代の思いでと共に会話が弾みました。

本校以外にも、
糸島へシーズン真っ只中の牡蠣小屋に行かれたり、
大分県別府で開催中の混浴温泉世界2012にいかれたりと・・
芸術や食といった秋の魅力いっぱいの九州を満喫していかれたそうです。

どれも福岡にいらっしゃるときに交友を深められた方達との再会&懇親を楽しまれたそうで、福田先生のお人柄が鑑みえます。


わずかな滞在時間の合間をぬって、藤原研究室にもお立ち寄りいただきました。
今度はふ印ラボ一同でも歓迎したいと思いますので、是非また足をお運びいただけましたら幸いです。


東京での益々のご活躍をお祈り申し上げます。


(修士 北岡慶子)

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ