建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
けいようさん

森まゆみです。
 
お誕生日は7月8日? 
私は7月10日で横浜の国吉さんと一緒です。
 
ジョン君は飛行機間に合ったかしら,心配していました。
 
東北でとても勉強になったので、とわざわざ福岡に向かう前に風人君と神保町まで重いトランクを担いで来てくれたのです。どこへ行ったか写真を見せて報告をしてくれて、最近の世話にはなるが報告なしの日本の若者と違うなーと思いました。なんだかいい甥を持った気分です。
 
風人君もカルフォルニア州立大の留学が決まったこと、報告してくれました。
 
試験が終わったら、夏休みに妻有のアートトリエンナーレと粟島の福島の子供キャンプにいっしょに行ければと思います。旅ちゃんも風君も甥みたいなもんで、伯母さんはうれしいです。
 
熊谷さんは結構、夜、ジョン君を引き回したようですよ?
かれが海外協力隊でフィリピンに行っていて、タガログ語が出来ること、ジョン君に言われて憶い出しました。ジョン君も驚いたようです。
 
誠実に一生懸命に生きていれば必ずまわりは助けてくれる。
ジョン君を見ていてそう思いますし、自分もそうありたいと思います。

きのうは原発つきいち映画祭があってジョン君の歓迎会には行かれなかったのですが、谷中のその会には彦根アンドレアさんという磯崎アトリエにいるすてきなドイツ人女性が来ておられました。パプア・ニューギニアの支援をして入る辻垣正彦さんという建築家も来ておられました。ドイツのシェーナウという2000人の町で住民が発電会社から電力網を買い取り,えこ電力の供給を始めた映画で、元気が出ました。
いかに危ないか、嘘がおおいか、先行きの見えない情報はもういいやという感じです。

では次代の若者のために我々も奮闘しましょう。
 

森さん

お便りありがとう。
 私の誕生日は七夕です。思い出してくださってありがとう。
森さんもお誕生日おめでとう。
私の研究室は、7月6日に修士課程院生の北岡慶子くん、7月8日は、私の研究室から芸大音楽科大学院に進学している小井塚ななえさん 、その日が森さんも一緒で、この蟹座の周辺にたくさんの仲間達の誕生日が集中しているのです!
蟹座というのがくせもの。
まっすぐ歩けないんだなあ、と あらためてみずからを振り返っています(笑)。

ところでJohnくんにロシア料理をありがとうございました。
福岡へ元気で戻ってきました。
そして森さんに昼食をおごってもらった、と嬉しそうでした。

こちらでの活動にも期待するばかりです。
たくさんの議論を生み起こせるのです。それはまわりに大きな影響を与えても行きます。

Johnくんの今後に対して期待や希望を出し合っているだけで、周辺でフォーメーションをかたちづくる私たちがスクラムを組んで、彼に負けないよう誠実に生きて行くことがたいせつだと思えるのです。

おたよりに主旨に大賛成です。

今後とも後見人集団として彼の成長を見守ると同時に、彼が歩いて開拓していく世界や領域を一緒に感じ合って生きて行きたいと思うのです。

藤原惠洋拝



山川くんへ

今日7月8日(日)の夕刻、Johnくんは無事福岡空港で出会い、わが家の客人として愛宕浜へ辿り着いています。
昨日明け方まで私の誕生会は40年ぶりに高校時代の畏友・守田正明氏のお宅で過ごすこととなり、明け方までサイモン、ガーファンクル、CSNY、ジョンレノン、などの歌を演奏してくれる一夜となり、むしろ私が眠くてJohnくんの東北地方踏査の模様や昨晩の東京宴会の様子をききそびれていました。

彼は今、わが家の一角で三日後に備えた講演会の用意をしているのです。

みなさまに心から御礼を申し上げます。彼はアメリカへ帰国後、すぐにボストンへ引っ越し、ハーバード大GSDに進学しながら、おおいに次世代型の建築設計のあり方を体得してくれるものと期待しています。

しかし、そこにはなにか魔術のような新スキルが隠れている訳ではなく、文脈をきちんととらまえながら場所、空間、生活、表徴といったもののあるべき姿をしっかととらえながら、求められるデザインをしていくのだという覚悟が身に付いているようです。

同時に私たちもまたJohnくんのような誠実さを鏡にしながら、では私たちはどのように生きて行くのかとみずからを問い続けていかねばなりません、

次なる機会にはボストンのJohnくんのGSDのアトリエを訪ねられることをおすすめします。知的生産活動の精髄がそこには凝縮されており、その場に居合わせるだけでもみずからの創造性を引っ張りだしたくなるような環境が用意されているのですから。

まずはJohnくんの後見人とも言えるみなさまに心から感謝の意を表します。
7月30日までの多くを当地、福岡の九州大学大学院芸術工学研究院藤原惠洋研究室にて過ごしておりますので、なにか伝えるべきことがあればどうぞ私の研究室を中継基地と用いてくださってけっこうです。

藤原惠洋拝
(一部、手直しを加えている箇所があります。) 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ