建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
 呉玮嬌(ごいきょう)と申します。平成23年9月27日に中国の遼寧省(りょうねいしょう)の炭鉱地撫順市(ぶじゅんし)から初めて日本に来た留学生です。
00
49
   撫順市の露天炭鉱地
赫图阿拉老城 朝政大殿
  撫順市の歴史遺跡ーー赫図阿拉老城 大殿
 
 平成23年12月9日菊池建物応援団の活動に参加して、福岡県の八女市とうきは市を歩いてきました。
 
 
 
八女市
DSCN0556
DSCN0588

  初めてこの久留米市の東南に位置するまちに行きました。八女福島は計画された町の歴史をよく伝え、街路に沿って塗屋造の町家を中心に江戸時代から近代にかけての伝統的建造物が連坦して残っています。「居蔵」と呼ばれる白壁塗籠造りの町家や、真壁造りの町家や、今では西洋料理のレストランとなっているピンク色の木造洋風建築が印象深かったです。
 
 このピンク色の建築の中にもピンクのテーブルクロスや椅子を用います。古い町で自分の独自な現代感的な中にもロマンチックの雰囲気を醸し出しています。もちろん、高級な西洋料理もおいしかったです。
 
DSCN0589
DSCN0592


堺屋の修理現場
DSCN0607
DSCN0601

 江戸・明治期を通じ当地方の酒造・山林業などで経済界の重鎮であった木下家が1906年に建設した邸宅です。
 八女市ではこのような伝統的な建物の維持と修理作業が多く行われています。緻密な調査と作業からこの古い町に対して愛情が溢れているということが強く感じられます。

DSCN0583


八女市役所となりの八女公園
DSCN0618
DSCN0623
 
  公園の中に藤原恵洋先生のデザインした石碑がありました!

うきは市筑後吉井
DSCN0633
DSCN0629
 
  江戸時代中期以降に、商品作物の栽培・集散、「吉井銀よしいがね」と呼ばれる金融活動で、資力を蓄えた商人の町として繁栄を誇りました。漆喰塗の重厚な町家が連続する町並みは、明治初期までに3回の大火の中に、耐火性のある土蔵造りで川の流れや掘割が当時の生活と密着した景観を残しています。現在では、重要伝統的建造物保存地区として白壁の町並みと称されます。
 この静かなうきは市吉井町に立つと、一日の都市の喧しさを捨て心が落ち着きます。街を歩くと、模様の面白い造りの建物や壁が見つかります。

DSCN0634
DSCN0636
DSCN0639
DSCN0641

 この静かな町の夜に灯る街灯、通り過ぎる車のヘッドライトが伝統的建築に彫刻された模様を浮き立たせていて美しかったです。


Comments

    • ごいきょう's comment
    • 2012年02月21日 19:13
    • 今回のブロッグ、塚本さん修正してくれたことを心から感謝しております!

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ