建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
こんにちは。
ノッポ特派員の藤原旅人です。
今回は12月27日に行われた絵本作家の五味太郎さんによる
ワークショップ&トークライブの模様を報告します。
今回は藤原惠洋研究室の同人でもある岩佐さんから
お誘いを受け、藤原旅人&北岡が参加してきました。


五味さんのワークショップは至ってシンプルです。
子どもたちの前に、たくさんのカラフルな絵の具と大きな紙を置く。
そうすると子ども達は自由に紙に絵を描いていく。
そのときの、子どもたちの楽しそうな笑顔をいったら、なんとも表現のしようがありません。
五味さんは子どもと会話をしながら楽しませて行きます。
CIMG4344
CIMG4349
 
まぁ、なんともカラフルというか元気な絵がたくさんできました。
今回、このワークショップに参加した子どもは500人にも渡り
会場はもうひっちゃかめっちゃか!!
トイレに行く通路では、トイレを汚さないようにと
我々大人軍団の闘いが行われました。
なんたったて、アクロスが大理石ですからね…その高級トイレに
絵の具でぐちゃぐちゃの子どもが駆けまわる姿。
大人軍団の壮絶な頑張りにより、高級トイレが絵の具で汚れることは
なんとかふせぐことができました。

子ども達の姿を見ていると本当に楽しくなりますね。
隙があれば、僕も子どもに混ざって絵を描こうと思っていたのですが
とてもそんな暇はありませんでした(笑)IMG_0056

これは子どもと戯れて過ぎて疲れているノッポ特派員の姿です。
CIMG4409

僕の右側にいらっしゃる方が五味さんです。
これはトークイベント後の談笑の一時ですね。
「福岡の子どもはちょっといらいらしている子が多かったな」と五味さん。
僕たちにはそんなことは全然感じる事ができませんでしたが
五味さんはそんな感覚をワークショップの中で感じられたそうです。
「もう少し自由にさせてあげた方がいいのかもね。
あいつら(子ども達)、意外とかしこいから」と五味さんのお言葉。
どうでしょうか、父親&母親の皆様。
子ども達の笑顔を見た楽しさと嬉しさを感じながら、絵の具だらけの
姿でノッポ特派員は帰路につくのでした。


ノッポ特派員:藤原旅人

 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 新嘗祭だ!2018年10月23日(火)19:00〜ふ印ラボ月宮殿祭を開催します。
  • 2018年10月26日(金)夜、九大芸工にて若杉ワールド!!
  • 〈世界のトヨタ〉音響設計家豊田泰久氏、音響設計の魅力を語る
  • 屋台大学in九州大学芸術工学部!
  • 世界的ジャグラー望月ゆ〜〜〜〜さく!ラスベガス秋祭りへ進出!!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
  • 信州・東御市のぶどう農家竹内かおるさんから届いたブドウ!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ