建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
2011年は日本にとって忘れることのできない1年となりました。
自分たちの存在を根本から考え直させられることになった年、皆様どのようにお過ごしでしたでしょうか?
これからますます今までのシステムが通用しない時代になっていくことでしょう。そんな中、我々のような芸能を通じてこそ伝えられることがますます大切になってくるのだと思っています。
より良い世界を目指し、来年も日々進んでいきたく思いますので、どうぞよろしくご指導、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます!

2012年最初の公演は、「南洋神楽プロジェクト」新作公演、「黒白」です。
バリから素敵な舞踊家チョップリンさん他、いつもの素晴らしい贅沢な面々と共に、今回はコメディミュージカル??笑いあり涙あり影絵あり。1年の始めに、みなさまにハッピーをお届けします!

2012年が皆様にとって日々沢山の幸せに満ちあふれた年でありますように。

小谷野哲郎拝


☆★☆★☆
南洋神楽プロジェクト「黒白」(Kokubyaku)公演情報
2012年1月12日~15日(全5回公演)
12日19:00、13日19:00、14日14:00、19:00、15日14:00
前売り 一般4000円、大学生/専門学校生3000円、高校生2000円、中学生1000円 (当日はそれぞれ500円増)
場所:テアトルBONBON(東京中野、JR中野駅南口より徒歩5分)

出演:小谷野哲郎・小川剛生・山岸天平、ゲスト/チョップリン(バリ舞踊)
演奏:常味裕司(ウード)・丸田美紀(箏)・李東信(タンソほか)

   松本泰子(歌)・濱元智行(Perc.)・和田啓(Perc.)
演出・脚本・作曲:和田啓
影絵デザイン:川村亘平斉、美術:伊藤雅子、照明:沖野隆一、
衣装:江木良彦、音響:浦崎貴、舞台監督:伊藤新

後援:在日インドネシア共和国大使館
協賛:ガルーダ・インドネシア航空
助成:文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)

チケットのご購入・お問い合わせは
オフィス・ティルタ
TEL: 03-5603-7858 FAX: 03-5603-7857

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ