建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
写真展1

11月2日から6日にかけて開催された、天草大陶磁器展+街中ギャラリー。それにあわせて藤原惠洋研究室で展開した天草世間遺産写真展には、多くの皆様に足を運んでいただくことができました。
昨年にひきつづき、藤原惠洋研究室主催のもと行われた高浜、御領での世間遺産ワークショップで発見された世間遺産の数々が写真とエッセイに収められ、再び、天草宝島国際交流会館 ポルトの会場に展示することができました。昨年の本渡,牛深の世間遺産も合わせるとその数は500点におよぶほど。会場には可能な限りの数を展示しましたが、それでも半分ほどで埋め尽くされました。会場設営では、そのようにして2年にわたる「天草世間遺産ワークショップ」の蓄積を肌で実感することができました。
今年御領で9月,10月に行われたワークショップシンポジウムの様子を知ると明らかなことなのですが、なんといっても今回、御領の世間遺産として認定されたものの多くが「石」の文化だというところが大きな特徴になりました。

写真展2

本渡では陶芸の、牛深では港としての、高浜では天草陶石の、そして御領では石工の、といったように、それぞれにその土地や風土、人々の営みから築き上げられた生活文化を、もう一度見つめ直し、その価値を褒め愛して見せるという行為の中で、土地土地どうしが決してばらばらに存在しているのではなく、どこかで必ずつながっていて、支え合いながらこれまでの歴史を築いてきたことに気づかされます。
それは、写真展を見に来てくださった方々の反応にもみることができました。
わたしたちがこれまで見て来た天草の地は、全部が決して市民の方にとって馴染みのある場所とは限りません。 見終わって帰り際に、「天草にあんなところがあったなんて知らなかったわ。」とか、「普段全然訪ねることがないから、そういう場所のことを見れてよかった。」など、おっしゃってくださる市民の方が何人もいらっしゃいました。
その気づきや発見のきっかけに、この写真展は存在するのだと思います。わたしたちの視線は全くのよそものの視線なのですが、だからこそ見えてくるものやおもしろいと思う部分をお伝えすることが、つぎには、住み暮らす土地の人たちの見つめ直しにつながると、もっとたくさんのモノゴトが再発見されていくのではないか、と思います。
この世間遺産というまちを見つめ直す視線が、次に起こすアクションに注目すると同時に、継続してこの視線を持ち続けていきたい、そのように感じました。


[D3 nakamura]

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ