建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
藤原惠洋先生

コチラこそありがとうございました。
大変興味深い講演をいただいた上、楽しい酒宴にもご参加賜り恐縮でした。

以前、当社の梶野さんに先生のお名前やご活動を聞きいつかどこかでお会いできれば…と。
ただ、そのせっかくの機会に私、無念にも泥酔しておりました。

津久見市へ帰省し勤めて5年が過ぎようとしておりますが
営業職でございますので、月の半分以上を出張しており
津久見での有志のみかん小屋調査など、地元の活動に
全くもって関わることが出来ずにいる現状もあります。

そこに先般、熊本・太田氏の強い協力のもと設立された
「大分県古民家再生協会」。
全国をウロウロするワタシを助けてくれる強い仲間たちです。
ワタシと共に、先生の県内での活動のお手伝いが出来ればと考えております。

願ってもない邂逅。
是非ご指導賜ることが出来ればと存じます。


また、民家の甲子園へのご理解、誠にありがとうございます。
ワタシは民家の甲子園は「町並み写真コンテスト」ではなく
高校生による「郷土愛」「生まれ育った町並みを愛する気持ち」のコンテストだ。と
県内関係者へ話しています。
大分県大会は「おおいた愛のコンテスト」。
そして熊本全国大会は「我が町を愛する気持ちを全国に発するコンテスト」。
共に成功に向けて邁進してまいります。


明日より、石灰屋、そして「でんでん協会」として東日本へ。
各地を訪問しながら漆喰の原料海藻「銀杏草」の産地、青森を目指します。

 株式会社丸京石灰
 鳥越 宣宏 (日本漆喰協会 幹事長)
 mail n-torigoeアットマークmarukyosekkai.com
 〒879-2474
 大分県津久見市徳浦2052-5
 TEL0972-82-5271
 FAX0972-82-5273


 一般社団法人伝統素材伝承支援協会
 〒879-2474
 大分県津久見市徳浦2052-5
 TEL050-3786-0491
 FAX050-3737-2117
      mail torigoeアットマークdento-densyo.com
      url http://dento-densyo.com/
 twitter http://twitter.com/nobuhilog
facebook http://www.facebook.com/nobuhilog
softbank 080-4325-3671

ブログ毎日更新中!!
  ■イザ!専門家ブログ「日々しっくい、日々しっぱい」
    http://shikkui.iza.ne.jp/blog/
  ■のぶヒろぐ~漆喰について日々考える~
    http://www.blog.rice-ohmori.com/
  ■伝統素材を伝承していくために
    http://ameblo.jp/dento-densyo/




丸京石灰 鳥越宣宏さま

諫早ではお世話になりました。

一昨年、津久見で丸京石灰さんを訪問、その気合いの入った石灰製造ぶりに大感動したことを覚えています。
さらに津久見のみかん小屋は極めて重要な「世間遺産」であることのみならず、由来来歴を明らかにすべき初源建築(建築文化の原形を持つものと)として、じつはすでに九州大学大学院芸術工学研究院公開講座の席上ではアテネ・パルテノン神殿の図面と並べて紹介したことがあるほど感激しております。
今後、研究の詰めをする際にはぜひお力をお貸し下さい。

またその後、みかん小屋の御本ができたのではないか、と風の噂にも聞いておりました。
資料や私が学びうるものがあれば、それらもご示唆ください。
必ずや鳥越さんにも何倍返しができるはずですので。


いずれにしても津久見には晩秋、再訪いたします。
まぐろを加茂君のところで食べながら、今後の研究のまとめを相談する予定ですから、そこにお立ち会いください。


いろいろな方にお話しを聞いておりましたので、ぜひぜひお会いしたいと思っておりました。
よもや日本漆喰協会の総会でおめもじできるとは。
願ってもない邂逅ぶりに感謝しております。

しかも菊池まちづくりを古民家再生の視点から支援牽引されている太田行雄さんのお仲間であることも私にはたいへん重要な観点となっております。
民家の甲子園を支えていきたいと考えていました。
来年の熊本大会をぜひ盛り上げていただければ幸いです。

いろいろこれからご交流を深めさせていただければありがたいです。

寒くなります。ご活躍の御身、おからだをたいせつに。

藍蟹堂藤原惠洋拝

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421舞踏集団〈丸尾會〉第48回牛深ハイヤ祭りにおいて優勝=踊りハイヤ大賞に輝きました!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
  • 20190421丸尾會、いよいよ最後の道中総踊り!第48回牛深ハイヤ祭りフィナーレへ!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ