建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

2011年10月4日(火)19:00〜21:00

公開講座 建築探偵シリーズ5 千年風土建築文化とフェスティバル

開講式・第1回「千年風土建築文化とフェスティバル」

 IMG_0547

いよいよ後期公開講座、建築探偵シリーズ5「千年風土建築文化とフェスティバル」が開講されました!

今回の受講生は25名を超える申込があったとのこと。これからの講義やフィールドワークで巻き起こるであろうにぎやかな議論が楽しみです。

 

「建築探偵」という名前は、藤原先生が以前、師匠・先輩たちと建物調査に行くことをと言ったそうです。建物を暴きだすこと、それが社会的に評価されたりよみがえったりしていくことの精神・方法論を基盤として、「建築探偵」の中でこれまで議論を積み重ねてきたそうです。

IMG_0538

今回の建築探偵シリーズその5では、さらに、建築と風土とフェスティバルがどういう因果関係を持っているのか、解き明かしていくことをテーマとしていきます。

 

公開講座は、学部学科と同程度の市民学部、オープンカレッジ、オープンキャンパスとしてアメリカを中心として起こったものです。講座自体が一種の社会貢献であり、それ大きな大学の評価に繋がっていきます。

社会へのストリーチに踏み出すためにはおもしろい仕掛けが必要です。市民へ働きかけていくことへのきっかけが、この公開講座にあると思いつき、さらには、本物のアーティストがいる芸工ならではの公開講座が開催できると考えられたそうです。

 IMG_0550
IMG_0558

現在は、有形文化財や建造物を対象とした旧来の文化財に加え、無形文化財や文化多様性への社会的関心が高まっています。

旧来の文化財の概念の変遷、それを呆然と追認するのではなく、一緒になって考えて議論をしていく・・本講座では九州各地に遺された千年風土建築文化を対象とし、祭礼・フェスティバルを通して息づく地域固有の無形文化財・文化資源の評価と活用の妥当性を総合的に習得することを目指していきます。

 

今回は、具体的な祭礼・フェスティバルの事例として、

「ヴェネチアビエンナーレ」「アヴィニョン国際演劇祭」「横浜トリエンナーレ」、

そして、身近な1000年風土として「博多祇園山笠」、

以上の4つを写真スライドをもとにご紹介いただきました。

 IMG_0560
IMG_0564
IMG_0567
IMG_0570

 IMG_0582
IMG_0596



講座は以下のような日程です!

①10月 4日(火)19:00〜21:00@5号館3階531教室

 講座開講式・千年風土建築文化とフェスティバル


②10月13日(木)8:00〜19:00 学外演習1

 熊本県菊池市における祭礼「御松囃子御能」鑑賞と中世菊池遺産を巡って


③10月18日(火)19:00〜21:00@5号館3階531教室

  風土とフェスティバル


④10月30日(日)8:00〜19:00 学外演習2

  熊本県阿蘇地域における神楽祭礼と阿蘇山風土を巡って


⑤11月 1日(火)19:00〜21:00@5号館3階531教室

  文化的景観と地域固有資源を生かしたフェスティバル


⑥11月5日(土)8:00〜19:00 学外演習3

  熊本県天草地域における地域固有資源を活かした天草大陶磁器展を巡って


⑦11月22日(火)19:00〜21:00@5号館3階531教室

  建築とフェスティバル


⑧12月 6日(火)19:00〜21:00@5号館3階531教室

  都市とフェスティバル


⑨12月13日(火)19:00〜21:00@5号館3階531教室

  終了式・未来遺産へ向けた千年風土建築文化の創造


⑩12月14日(水)〜15日(木)1泊2日 8:00~翌19:00 学外演習4

 宮崎県西米良村における祭礼「銀鏡神楽」鑑賞と宮崎千年風土を巡って

 

皆様どうぞお楽しみに!

 

(M2 北岡慶子)

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月29日(火)ふ印ゼミ第45回(遠隔)開催!!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
  • 2020年9月27日(日)桂木誠志家の稲刈りに汗を流す!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ