建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
日本はいよいよビールの美味しい季節になりました! 皆様、いかがお過ごしでしょうか? 昨日、バリ島より素敵な舞踊家がひとり、来日いたしました。 2年ぶりの来日となるカデ・デウィさん。バリの古典はもちろんのこと、海外のコンテンポラリーダンスカンパニーなどとの競演でも注目を集める、バリの若手では一番の注目株です。 明後日21日は山梨の平山郁夫シルクロード美術館にて公演を行います。 また、旅行代理店H.I.S.の協力により、28日29日は宮城県七ヶ浜と仙台、6月4日には福島県双葉町の皆さんの避難所となっている埼玉県加須市の騎西高校を訪れ、公演して参ります。被災した皆様に少しでも元気を届けられたらと思っています。 東京では今度の月曜日、5月23日のライブが唯一の公演。 東北応援ライブとして、「イノリノマツリ」と題して、浅草のアサヒ・アートスクエアにて公演を行います。 我々のガムランチーム「ウロツテノヤ子」を中心に、奄美島唄の朝崎郁恵さんをはじめ、素晴らしいミュージシャンやダンサーの皆さんにご参加いただき、すごいライブになりそうです。お時間ございましたら、是非足をお運び下さい。 地震と津波の被害、そして原発の事故。どれも大変悲惨な災害ではありますが、あらためて人間と自然との関わりについて考えさせられています。 私の関わっているバリ島をはじめ、この日本も、人間が自然と共に生きていくための智恵を伝統文化が伝えてきました。我々人間はこの目に見える世界だけで生きているのではなく、大いなる自然と共に、目に見えない世界に支えられて生かされていること。そのことを思い起こし、感謝を捧げることが祈りでした。それは時に芸能の形をとり、そして祭りとなり、理屈ではなく、心から心へ、魂から魂へと受け継がれてきました。 日本のこれからにとって大切なこと。私たちが古くから伝えてきたこのことを今一度思い出し、それを未来につなげて行くことなのだと思います。これは、東京のような都会の生活の中でもほんの少し見方を変えるだけでできることだと思っています。それが文化の力です。 その文化の力を伝えていくイノリとマツリ。そんなことをこれから先も続けていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 小谷野哲郎拝

東北応援ガムランライブ 「イノリノマツリ~ガンバレニッポン~」 (アサヒ・アートスクエア協力事業) 5月23日(月)open-18:30 start-19:00 【入場料】前売3,500円/当日3.500円 【出演】 ウロツテノヤ子(ガムラン)、カデ・デウィ(バリ舞踊) 朝崎郁恵(奄美島唄)、ヨシダダイキチ(シタール)、ラティール・シー(アフリカン・パーカッション)、蜜月稀葵(ベリーダンス)、Taikuh Jikang(アーバンガムラン:川村亘平、濱元智行、新井剛、徳久ウィリアム、さとうじゅんこ、AYA、テンペ、ニーナ)、サトウミキ(ダンス)、他 東日本大震災に被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 被災された皆様やこの震災で意気消沈しているニッポンを元気づけ、再び希望をもって歩き出せるよう、ウロツテノヤ子のガムランを中心に、今まで競演してきた素晴らしいミュージシャンやダンサー達が集まり、応援ライブを行います。このライブの売り上げの一部を被災地で活動しているNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(http://www.peace-winds.org/)への寄付とさせていただき、ライブの模様を配信するなどして、被災地とニッポンを応援していきたいと考えています。ガンバレニッポン!

【予約・問】e-mail:jukungアットマークme.com/Tel.080-4195-1811(担当:コヤノ) 主催:ジュクン・ミュージック、ウロツテノヤ子 / 協賛:ガルーダインドネシア航空(http://www.garuda-indonesia.co.jp/) / 協力:H.I.S.バリ支店(http://his-balifreak.com/) ※ この他追加出演者など詳細はhttp://blog.megamel.daa.jp/

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ