建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!

2011年3月13日(日)菊池世間遺産展が近づいてきました。
我こそは出展したいと思う方、幅広い観点・視点から作品を広く募集します。
条件はただひとつ。
いつもの菊池を見るまなざしとは少しばかり異なった新鮮で、菊池の魅力を再発見したり菊池を味わう楽しさや喜び、さらには深淵な菊池哲学のようなものを表現しうる写真であること。
デジタルデーターとあわせて、写真を説明するエッセイ(20字〜400字くらい)を以下の事務局(タカクラ、仲村、國盛)宛にお送り下さい。
効果的なデジタルデーターの送付手法に関しては、事務局より再度、詳細をお知らせします。
私たちの研究室ブログにもご案内をします。

事務局 タカクラ kako3アットマークlime.ocn.ne.jp
仲村      akiyo-nアットマークhotmail.co.jp
國盛      kunimorimaikaアットマークyahoo.co.jp


追記 明日2月26日(土)午後2時〜菊池市七城町公民館にて菊池市議会主催藤原惠洋講演会(九州大学社会連携事業・菊池千年風土時空探検隊の報告を兼ねる)講演会が開催されます。ご都合良い方はどうぞおいでください。
藍蟹堂藤原惠洋拝
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Dr.Prof.Keiyo FUJIHARA  M.A.
Faculty of Design   Kyushu University 
Shiobaru 4-9-1  Minami-ku   FUKUOKA  City  JAPAN    
zip 815-8540 TEL/FAX +81 (0)92 553 4529 (dial-in)
藤原惠洋          建築史家 工学博士 芸術学修士
九州大学大学院芸術工学研究院教授
〒815-8540   福岡市南区塩原4-9-1   TEL/FAX 092-553-4529 (dial in)
 E-mail:keiyoアットマークdesign.kyushu-u.ac.jp 
 http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~keiyolab/
ブログ:http://keiyo-labo.dreamlog.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ