建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!


昨年末、韓国釜山にて藤原惠洋研究室の忘年会が開催され、大人5名、学生7名の計12名が参加しました。

参加メンバー、日程は以下の通りです。

 

学生組

北岡慶子(藤原研究室 修士1年)

畠中亮(藤原研究室 学部4年)

光城相兵(藤原研究室 学部4年)

鄧瓊(藤原研究室研究生)

瀧口やよい(芸術情報設計学科 学部3年)

 

              【行き】1227日    830博多港発 1125釜山港着(ビートル)

              *瀧口のみ別便 1000博多港発 1255釜山港着(ビートル)

              【宿泊】釜山タワーホテル

              【帰り】1229  1400釜山港発 1700博多港着(ビートル)

 

個別

上中さん(公開講座受講生)

              【行き】1227日    ___博多港発 ___釜山港着(ビートル)

              【宿泊】釜山タワーホテル

              【帰り】1229  ___釜山港発 ___博多港着(ビートル)

 


大人組

藤原惠洋(主任教授)

嘉月孝志(藤原研究室OB

市原彰(九州大学HME育成ユニット科目等履修生)

中園陽一(九州大学HME育成ユニット科目等履修生)

              【行き】1228日    1230博多港発 1800釜山港着(ニューカメリア)

              【宿泊】釜山タワーホテル

              【帰り】1229  2000釜山港発

                    30 730博多港着

 

学生飛行機組

小井塚ななえ(藤原研究室 学部4年)

久田茂輝(音響設計学科 学部3年)

              【行き】1228日    飛行機にて出国

              【宿泊】釜山タワーホテル

              【帰り】1229  飛行機にて帰国

 

全員での行動は時間に制限があり、28日以外ではそれぞれでの行動となりました。

以下いくつか写真を用いて、釜山の様子を軽くではありますがお伝えします。

 

釜山の市場の風景。キムチや漢方等を中心に食材・食品が店頭に並んでいました。

 

 1

 

釜山では、1996年より国際映画祭が開かれています。釜山の商店街の道には映画祭に参加した監督の手形が刻まれていました。

 

2


夜の釜山タワーです。夜になるとタワーだけでなく、街全体がイルミネーションに彩られていました。

45 (2)

韓国の食事は美味しかったり、刺激的だったりしました。

以下は韓国風のりまき・トッポギ、サムゲタン、ビビンバ、チゲ、たこ鍋、蚕のさなぎの写真です。

1067



 
893

28日の夜には、12名全員が一堂に会し、藤原惠洋研究室の忘年会が盛大にとり行われました。
宴の前には、学生何人かで韓国式エステを体験しており、「心なしか肌が白いね!!」とか「ハリが違うね。」といった嬉しい声を頂きました。
その声に載せられたのか、お土産としてせっせとパックを買い込む姿が多数目撃されました。

CIMG6497
CIMG6501CIMG6499





CIMG6502


CIMG6508CIMG6513CIMG6520








一軒目は焼肉屋にて本場の方式にて焼肉を堪能しマッコリや百歳酒に舌鼓を打ち、その後カフェにて様々な種類のハーブティーとデザートを頂きました。

そこで一年を振り返り、各々の労をねぎらい、新年に向けての活力を養いました。

様々な分野の方が集う藤原研究室ならではの楽しい旅となりました。

最後になりましたが、今年もよろしくお願い致します。

 

(学部4年畠中亮、光城相兵、小井塚ななえ)

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 九大建築学教室の建物お別れイベントのご案内!
  • 九大建築学教室の建物お別れイベントのご案内!
  • 九大建築学教室の建物お別れイベントのご案内!
  • 九大建築学教室の建物お別れイベントのご案内!
  • 九大建築学教室の建物お別れイベントのご案内!
  • 七夕の呟き
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
  • It’s the Japanese Festival of Tanabata, everyone can make good wishes on the day, what a good day for the world
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ