建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!


DSC02876


2010年11月29日(月)~30日(火)13:00より別府市中央公民館にて開催されました写真家の藤田洋三先生のご講演を拝聴しました。

鉄輪にある富士屋ギャラリーを中心に、別府の形成を様々な年代やトピックから紐解いていく
お話は、一瞬たりとも逃せない、目から鱗の連続でした。

世間遺産の提唱者としてつとに名高い藤田先生の足跡そのもの。ご自身の目で見、収集した情報や体験、資料、歴史が溢れるように次々と語られてきました。ここではこの日の講演を聴きながら、私が手元でメモした内容をご紹介していきます。

別府の観光地化までの歴史の変遷について

油屋熊八氏が1909年に亀の井旅館を開設し、別府全体を観光地に作り上げていきます。
その中で頻繁に使われている温泉マークは、彼が考案したと認識されがちですが、
実は国土交通省が指定したものであって、使われ始めは栃木県であったそうです。
皇室、アジア立命館大学(APU)創設者の西園寺公望や別府で砂湯に入るなどすることで
別府は観光地としてメジャーになっていきます。こちらも観光目的に来た、と思われがちですが
本来は陸海軍の関係で訪れたことが動機でした。別府は77番目の爆撃対象地であったが
戦火を逃れることができ、現在も戦前の文化を垣間みることができます。

市の住民は愛媛、福岡県田川市、熊本県天草市など外来の人が8割、
元々の地元住民は2割程度。ではなぜこのような比率になったのでしょうか。

愛媛出身者の多くは、日本は戦後、植民地化を免れるために多額の支払いをします。
銀山の採掘量が少なくなったので、四国産の銅で払う過程で、海路から別府にも銅と共に
人々が移住し、別府の鉄道などのインフラが整ってゆきました。
その後鉄道で使用するなどの田川の石炭がもたらされます。同時に石炭商の旅行先、別荘などで
発達し、別府の土地3000万坪は石炭王の麻生氏のものでした。
彼らのような別荘を建設する際に、天草出身者の石工の多くが仕事を求めて移住してきた、
という流れです。 
欧米の植民地の影響を受け、別府は麻生農園が開発されプランテーションが広がります。
メロン、バラ、葡萄などが生産され、青島、台湾などに輸出されました。
かちエビ(素麺のだしなどにつかう)などの乾物も貴重な収入源でした。1960年代以降エネルギーが石炭から石油や電気になり石炭商は撤退します。以降は温泉が主な収入源となっていきました。
皇室などの訪問の他、田川の石炭業での実業家、伊藤伝衛門の新婚旅行先が別府であったことが、交流を持つ竹久夢二や高浜虚子へと繋がり、観光地としての知名度はますます高まるようになりました。
1974年には大阪−鹿児島間を結ぶ船、さんふらわあが竣工されます。元来さんふらわぁは別府の旅客船ではなく、薩摩の産物を大阪へ運ぶ為に作ったものでした。中継点となる別府にも停まることで、来客の交通手段も整っていくことになりました。 


 
別府の芸術文化について

現代芸術は別府と縁が深く、岡本太郎も大正の終わりに来別し作品を設置しています。
1960年頃活躍した前衛芸術グループ、ネオダダオルガナイザーはボディペインティングを行い
日本の美術に新しい価値観をもたらしますが、別府では早い時代に、進駐軍のキャンプの中で
アメリカ人によるボディペインティング、ジャズフェスティバルなどが行われていたそうです。

別府市中央公民館の設計者である吉田鉄郎の教えは丹下健三、磯崎新へと続きます。竹瓦銭湯は
池田三比古設計、その他多くの著名な建築家によって建物が立てられました。

別府絞りは、 温泉で使う手ぬぐいの吸水性を求めて盛んになりました。鉄輪地区では浴衣が作られていたそうです。また三味線の職人も住んでいたそうですが、現在はもう住んでいない、とのことでした。

富士屋ギャラリーについて

明治22年に創設された富士屋旅館は百余年経た、国の登録有形文化財である明治の木造旅館建築です。
明治35年頃の写真を見ると、鉄輪地区は温泉の湯気は出ていません。ボーリングはその後頻繁に行われたことになります。富士屋旅館創始者が別府毎日マラソンを開催されました。

別府に建てられた別荘群について

数多くある別荘の中には、日清戦争で領地となった台湾産の台湾ヒノキを使っている邸宅が何件か残っています。
製材業はかつて10軒以上あり、名大工もそこで仕事をしていました。ヒノキの他には日田杉も
よく使われていました。欄間などの竹細工は、福岡県柳川から職人が来て多くをしつらえました。 

 温泉ボーリングの変遷

モウソウ竹で出来た井突きで温泉を掘り当てていきます。掘る人々は熱湯が出るので命がけでしたので、白装束を着ていました。その後別府には総計5200の温泉が掘られました。3200の温泉が現在も使われています。 楽天地は金鉱山でしたが別府の主力となる温泉が出たので
金は採掘しなくなりました。現在はボーリングの管を洗う工場が別府にあるそうです。

沢山の知識や事例がスライドと共に紹介されました。藤田先生は、歴史は権力者や残した記録以外の部分を、写真や沢山の人との出会いを通して取り集めていらっしゃいました。
戦後日本は、「脱亜入欧」「追いつき追い越せ」といったスローガンのもと経済発展をしてきました。
「現在はその後が不透明となっているので、私達は デラシネ(根がない)になってはいけない。
de mode(モダンではない)は、「流行おくれ」と訳されてしまったが、演技し続けなければならない
流行を選ばないことは大切である。文化は途絶えたらそこで終わりです。21世紀は哲学の時代なので、自分たちの町の歴史・文化・自然から学び考えることが重要」
とのお言葉をいただきました。

 沢山の貴重な知識や情報と、それらがどうして重要なのか、今後どのような視点や考えを持って
土地や人生、歴史や文化との関わりを持っていくべきかのご示唆をお話くださいました。
産炭地出身の私にとっては、別府との関わりをより深く知ることができ嬉しかったです。
数度別府に訪問していますが、いつも到着した時感じるのは、港の開放感と気候、観光地や温泉街の
独特な雰囲気への羨ましさです。採炭現場であった大牟田とは明らかに違う雰囲気に、当時の石炭関係者も
稼いだお金を持って別府に来たんだと思うと、納得する気持ちと彼らへの親近感が湧きました。

(D1
 國盛)

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • いよいよ塩田千春さんの展覧会が森美術館で開催!!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
  • ふ印ラボ第3回定例ゼミを開催しました!!望月ゆうさく先輩の自己紹介!!田晶さんの北京林業大学卒業プロジェクト、台湾文化資産局柯勝釗さんの博士研究を聴講・討論!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ