建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化論講座藤原惠洋研究室では、2010年9月20日(月・祝日)~21日(火)にかけ一泊二日の菊池フィールドワークを敢行しました。

これは2010年度九州大学社会連携事業のいっかんとして菊池市まちづくり有志[菊池養生詩塾]とタイアップし、さらには菊池市のご理解と御協力を得て開催したものです。
同時に2010年度後期九州大学芸術工学部芸術情設計学科『芸術文化企画演習』プログラム構築のモニター演習として実施したものです。

九州大学からの参加者は12名。菊池市からの参加者も20名を越え、有意義な交流と多角的な現地踏査のモニタリングが開催されました。

P1000071
菊池神社坂本宮司さまよりお話を拝聴しました。

P1000072
P1000074
P1000081
P1000082
P1000089


P1000098
P1000094
七城町のメロンドームでオリジナル弁当+メロン付き、をいただきました。

P1000115
今回の演習拠点は、七城町山崎の風光明媚な丘の中腹に位置する田村邸。この建物の由来来歴を調査すると同時に、拠点整備を行ないました。
P1000122
P1000124
P1000125
明治33年竣工を告げる第一級の一次史料・棟札を同人参加の嘉月氏が発見しました。重要な第一級の一次史料です。築後110年の建物である事が明らかになりました。文化財クラスの建物概要に参加者全員が驚嘆しました。
P1000138
P1000141
作業後は、菊池温泉で汗を流しました。望月旅館の温泉はおなじみです。美人の湯と称されるほどあって、アルカリ性を有したやわらかく肌に優しい温泉にうっとりとしてしまいます。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 今年も芸術情報設計学科3年生「芸術情報総合演習」のいっかんでマンホール蓋フロッタージュ!!
  • 日比野克彦東京藝術大学教授・美術学部長をはじめとする審査団、天草大陶磁器展コンテストを審査!グランプリは意外や意外!!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ