建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
山口県防府市の多々良山麓に位置する毛利家の敷地内に設置された毛利博物館を調査訪問しました。巨大な近代和風建築であると同時に素晴らしい庭園が遺されています。同時に、中国地方の勇として近世期から明治以降の近代にかけ大きな影響を与えてきた毛利家の歴史遺産や文脈がここにはたゆたゆと存続しています。






邸宅は、明治以降の公爵毛利家の本邸にふさわしく、当主一家が居住してきた本館をはじめ、毛利家職員の執務場所である用達所(ようたつしょ)、職員役宅、毛利家の始祖天穂日命(あめのほひのみこと)以下の歴代当主を祀った祖霊社、毛利元就以下の画像を配した絵画堂、などから構成されています。



巨大な大正期和風建築の材料には、木曽檜、屋久島神代杉、台湾産の神代欅といった大径材をはじめ鉄刀木等の唐木や銘木の数々、さらには基礎周りや庭石として瀬戸内海から運んだ花崗岩の数々、近代的な技術として鉄筋コンクリートやトタンなどが確認されました。
多彩な照明器具が天井から吊り込まれていおり、聞くところ、邸内の電力はすべて自家発電でまかなわれていたとのこと。湯殿の湯舟には蛇口が温水二本、もちろん給湯施設も設けられたていました。伝統的な和風建築のそこかしこに最新技術が導入されていたのです。






 完成直後の大正5年(1916)には大正天皇、同11年(1922)には貞明皇后、昭和22年(1947)には全国巡幸中の昭和天皇、同31年(1956)には昭和天皇・香淳皇后も宿泊されています。

こうした公爵毛利家の本邸とも言える本建物は、長らく防府邸・多々良邸と呼称されていました。毛利家「家憲」の規定にしたがい、旧藩士であった維新の元勲井上馨が明治25年(1892)に、多々良山麓のこの地を求めたとのこと。それは、邸宅二階の各間からの瀬戸内海への遠望によって了解されます。
 その後、日清戦争・日露戦争が生じたため着工が遅れ、大正元年(1912)9月に建設着手、6年弱の歳月を経て大正5年(1916)に完成しました。

この邸宅は、東京芝に位置した高輪邸や、先行する瀬戸内海際の三田尻邸(現英雲荘)などと区別するため、防府邸ないしは多々良邸とも呼ばれていました。

昭和30年(1955)には邸宅の敷地周りを「毛利邸庭園」として山口県名勝に指定。昭和41年(1966)、明治百年を記念して毛利家より邸宅・庭園ならびに伝来の国宝・重要文化財をはじめとする累代の家宝、さらにはこれらを永く維持していくための基本財産の寄付を受け、財団法人防府毛利報公会が発足しました。その後、財団が管理運営の責任を負っており、有料で一般に公開されています

昭和42年(1967)、子ども部屋を改造して展示室に変更。展示スペースのため廊下の一部にも展示ケースを設けて博物館を開設しました。主要な所蔵文化財は土蔵に収蔵されていましたが、セキュリティや保管のために新収蔵庫を建設しました。翌昭和61年 (1986)には第2展示室を建設、昭和62年 (1987)7月に完成。

建物内部の所見。
◎玄関車寄
本邸は、江戸時代の城郭附属の御殿建築にみられる書院造様式を基調継とした大正期の木造和風建築である。とくに本館に突出した正面玄関唐破風造車寄は、大名屋敷の式台玄関や、明治以降の華族邸宅に共通する壮麗重厚な作りである。近世期を思わせる勾配の唐破風の反曲線、妻面の懸魚(げぎょ)、蟇股(かえるまた)、面取り柱、柱頭部の組物、木鼻(きばな)、格天井(ごうてんじょう)といった様式細部がふんだんに用いられており、重厚な欅材や檜材を贅沢に用い、社寺堂宮建築に匹敵する見事な造りとなっています。

◎応接室
和風建築を基調としながらも、断面方向の寸法が洋風空間を思わせる高さとなっています。その中でも玄関から続き応接室は、はっきりとした椅子座の洋間として作られています。
とくに、床の間のプロポーションや床框(とこがまち)を高く付加しており、洋式の接客が可能となっています。台湾産の一枚ものの巨大欅の板材、天井には黒部産杉材が用いられ、絢爛な欄間彫刻が印象を深くしていきます。

◎玄関から応接間に至る廊下にも台湾産の巨大欅板が用いられており、板戸の鏡板として屋久島神代杉の彫りの深い一枚板が用いられています。

◎1階書院 客間・大広間
一の間・二の間・三の間と続いており、それぞれが厳格な長押を四周にまわしながら近世以来の書院造として仕上げられています。天井は格天井(ごうてんじょう)とし、最高の格式を示しています。それぞれの和風シャンデリアには電球が付けられており、招待される客の格式によって電球の数に伴った部屋の格式が設定されていたようです。

◎2階書院
2階書院の文机からながめる瀬戸内海多美島や三田尻港への眺望がひときわピクチャーウィンドウ効果を伴い素晴らしいものとなっています。

◎主人居室 居間
接客空間のさらなる奥の間は当主のプライベートな居室となっています。ここに天皇もお泊まりになっているわけです。奥から書斎・居間・納戸の三部屋からなっていました。こじんまりとした部屋から松の老木や巨大な花崗岩の手水鉢がちょうど良く風景にとらえられるのです。

(以上、速報)

Comments

    • 辻いく子's comment
    • 2010年01月28日 22:40
    • 毛利博物館の調査訪問素晴らしいです。本当にお忙しいのが、ブログで毎日拝見して良く解ります。唐津の大島邸にも調査訪問して頂ければと切に願っています。毎日、市役所に日参していささか疲れて参りました、勉強会やひな祭りを大島邸で企画いたしています、どうぞお出かけくださいませ。一椀のお茶でも如何で御座いますか
    • 藍蟹堂's comment
    • 2010年01月30日 20:15
    • 辻さま
      コメントをありがとうございました。総数精鋭の研究室スタッフと明治大正昭和の建築の実証調査を東奔西走しながら手がけております。次なる機会には必ずや唐津の大島邸を検証させていただければと願っております。どうぞしっかりと「大島邸を残す会」を運営していただければ幸いです。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 西日本新聞WEB記事が伝える人吉市・球磨村等の被災後現況!!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
  • 2020年9月16日(水)令和2年7月豪雨に係る人吉市復興有識者会議へ出席、被災状況を目視踏査!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ