建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
今回の日田における芸術文化企画演習のみどころは、九州大学大学院芸術工学研究院の学生・交換留学生とB-Cafeのメンバーとの交流。さていったい、どのような交流が生まれたのでしょうか?
Onigiri-making

日田の若い世代を代表する市民主体のまちづくり活動体B-Cafe。さらに九州大学大学院芸術工学研究院の藤原惠洋教授による「芸術文化企画演習」や「芸術文化環境論」研究関連学生。ここには女性や女子学生の参加が顕著です。なぜ?そんな疑問も、このような相互補完や参加型活動をしていけばぐっと納得。おにぎりを△おむすびにかたちづくっていくのは?そんな話題ひとつで、日本の文化を語ったり、わいわい。とくればこまやかで他者を支える気遣いやスキルに溢れた女性の活躍が目立つのは当たり前。

Breakfast time

食べるときって、ほんとに集中が凄い!

Lunch time

アメリカや中国からの交換留学生諸君も不思議でかつ嬉しい体験のようです。

before tidying up the HRRFM place(Hita Yaki-soba)

アートプロジェクト『フクオカ・リアリィ・リアリィ・フリー・マーケット』の拠点が日田のB-Cafeに移って行きます。

Kami-shibai (Picture-story show)

なにを隠そう!B-Cafeの良き支援者のおひとり宮崎先生は隈診療所のお医者さん。奥様と一緒にいろいろなサポートをしてくださっています。今回も宮崎先生のオハコとも言える紙芝居を上演してくださいました。初めての体験に交換留学生たちも写真をパチパチ撮りながら、謎のキャラクター黄金バットの活躍ぶりに見入っていました。

Comments

    • KR's comment
    • 2009年12月13日 13:34
    • Thank you very much for all people involved in this Hita trip!!! Im sure the students could learn something from this trip. Yet, I really dont want to say this here but I was extremely surprised when the boys said they didnt know how to peel apples. Maybe is really a time to think about what education should be....

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

藍蟹堂

藍蟹堂。感受性は海の底から波濤や世界の波瀾万丈を見上げる蟹そのもの。では蟹とは?

『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • ふ印ラボOB吉峰拡くん、同人内野雅子さん、ラトビアをゆるゆる!
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
  • 飯塚市八木山の奥に潜む京都大工の手になる数奇屋K邸とお別れ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ