建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
◆ 第10回ゼミ。

● 連絡事項●
・学会の登録はできてますか?
・「バリ絵画の至宝」のブディアナさんが研究室にいらっしゃいます。
・ 学割で劇団四季の「アイーダ」観に行きませんか?
・ ジャワ島中部地震で現地アーティストが救済活動中。
…http://midoriart.exblog.jp/d2006-05-30


● ゼミ●
・ 鬼塚さん
研究テーマ:「人間の“よりよい生きかた”へのホリスティックアプローチについて 」

閉鎖的な表現のセラピーを、より広い分野で行えるようにするために、既存のものをリデザインする


● 質問●
青木:私も表現を研究している。とても共感します。
変容を研究しているということですが、どのような方法論をとるのですか?
鬼塚:プログラムの前後でどう変わったか、インタビュー形式で行った。

藤原:セルフ・オフ・センスの注釈で「ゆるめると」あるが、緩めるということは飛び越えるべきハードルを低くしてしまうという意味で、
「楽である」と「楽しい」の意義は違うが、子供のハードルを楽にするということだろうか?
鬼塚:ストレスに直面したときに、ゆるめてあげたい。
藤原:それでは、「楽に」ということで、ストレスに対する抗体が弱くなってしまうのではないでしょうか。
鬼塚:学校にはハードルがある。しかし、そのハードルを下げることを教えるわけではない。ハードルを下げることで、自己肯定感をあげて、自己治癒力があがることができる。


藤原:ロジャーズの来談者中心療法の論にのっとって研究を進めているが、反・来談者中心療法の立場をとる人をどう説得するのか。
鬼塚:学派にはいろんなものがあるが、私の基本的な考えなのです。

芸術の定義は??
…旧来のファイン・アートや芸術至上主義の立場に限らないものとしている」


藤原:ホリスティック・アプローチについて、全体に対してかかわっていくことの大切さを感じる。
(オランダ社会における安楽死や同棲についての例示)





ニワトリなんで、今ゆるキャラがはやってるんだろうか
・兵士のように働くべきとされる日本社会で、その価値観と違うものを身に着けてバランスを取ろうとしているからではないだろうか。
決して社会がゆとりを持とうとして変わって行っている訳ではないだろう。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 吉峰拡くん修士課程卒業おめでとうございます!2017.9.25(月)
  • 吉峰拡くん修士課程卒業おめでとうございます!2017.9.25(月)
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ