建築史家でまちづくりオルガナイザーこと、藤原惠洋(ふじはらけいよう)教授の活動と、通称ふ印ラボ(ここで「ふ」の文字は意味深長なのでちょっと解説を。ひらがなの「ふ」は「不」の草体。カタカナの「フ」は「不」の初画を指しています。そのまま解釈すれば「つたない」かもしれませぬ。しかし一歩踏み込んで「不二」とも捉え「二つとないもの」を目指そう、と呼びかけています。ゆえに理想に向けて邁進する意識や志を表わすマークなのです。泰然・悠然・自然・真摯・真面目・愚直を生きる九州大学大学院芸術工学研究院芸術文化環境論藤原惠洋研究室というわけ、です!)の活動の様子をブログを介して多くの同人・お仲間・みなさまにお伝えしています。 コミュニケーションや対話のきっかけとなるようなコメントもお待ちしております!
司会:M2蒲池さん

◆ 安永さんの発表
研究概要
 「福岡市における舞台芸術の環境整備に関する研究」
 現在国家全体で芸術文化の進行に向かっている。その流れの中で、約20年の福岡の文化行政の展開の様相を問う。
 過去の企画展開を評価し、検証していく。
 最終的には、福岡市の芸術環境に関する評価システムを構築することが目的である。さまざまな視点からの評価構築になるのではないかという見込みがある。


研究の目的
 さまざまな研究者の立場があるが、研究者の楽しみだけでなく、「人の幸せ」に貢献できる立場で研究を行っていきたい。
 芸術文化が人の幸せに役立てるように!

研究内容に関しての質問
Q・福岡が特別の地域としてですか?
A・いいえ、一般的な地域としてあげていく。

Q・学校教育の芸術鑑賞ってどうなってるの?
A・義務でもないし、担当者の裁量になってますよ。
担当者の情熱で決まってる。これではいけないので、システム構築が必要ではないかと感じている。


藤原コメント

確かに福岡の芸術の動きをまとめたものは無い。でも、京都・立花大学の古賀弥生氏の博士論文にモノグラフかされたものがある。



最近の安永さんの関心ごと
 06・04・27朝日新聞の演劇評について。
新聞記者のスタンスを考えて記事を書くべきではないのか。




藤原より話題提供。
福岡地所の新しい事業展開について。
郊外ショッピングセンターなどの弊害を受けて、空洞化した商店街の活性事業を行う方針を立てた。
藤原がやってきたことを企業体が主体となって行う時代になってきた。

ゼミ。。。
来週シニアゼミお休み
5・26青木さん
6・2 鬼塚さん発表
以上が発表の予定。


藤原お勧めの展覧会。
国博  ちゅら美
5・20スタート 平尾一丁目 あまねや工芸店 山本則之展
スリップウエアの再現による創作品。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
『日田ラボ』 最新記事
『きくけん』 最新記事
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 吉峰拡くん修士課程卒業おめでとうございます!2017.9.25(月)
  • 吉峰拡くん修士課程卒業おめでとうございます!2017.9.25(月)
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
  • 香港中文大学で教鞭をとられていた兒嶋慶治先生ご夫妻と初春以来の交流を温めました。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ